toppicture-block_r.jpg

2013年05月06日

18MHz帯が大オープン

 本日の特筆すべきは、夕方に18MHz帯の国内が大オープンしたことでしょう。

 本日は午後からコンディションが上昇し始めたので、いわゆる「ミドルバンド」(10,14,18MHz帯)でモービル運用をしました。
 この時点で、18MHz帯では、モービルホイップでも2エリアで兵庫県がRST599で入感するなど、いまから思うと大オープンの兆候・・・だったのかもしれません。

 そして帰宅後の18:00頃。何気なく18MHz帯をワッチすると・・・、

 凄まじいことになっていました(・_・;)

 まるで7MHz帯のような様相を呈した18MHz帯がそこにはありました・・・。

 CWの国内交信が行われる18.0800〜18.1000MHz付近は、CQを出す隙間がないほどの混雑ぶり!しかもほとんどがRST599の強力な入感・・・。
 いや、ほんと驚きました。(私の経験ではこれほどの混雑は初めてなもので・・・)

 おまけに24MHz帯までオープンしていて、こちらもそれなりの賑わいを見せていました。例によってイオノグラムはというと、このような状態でした。
130506-01.png
 子供と入浴の時間になってしまい(^^;)、20:00頃にQRTしましたが、その時点でもコンディションに衰えはない状況でした。
 いったい何時頃までオープンしていたのでしょうか。

 18MHz帯ではたくさんの局と交信いただき、ほとんどが18MHz帯の初JCCばかり・・・。ゴールデンウィークの最後の最後に、18MHz帯の大オープンがあり、ゴールデンウィーク中の無線運用が少々消化不良気味になっていたところが、一気に解消した感じです(^^)。

posted by GECKO at 22:45| Comment(0) | 18MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする