toppicture-block_r.jpg

2013年04月26日

「Reverse Beacon Network」で飛びをチェック

 自局(または他局)の送信したCWのCQがどこまで届いているか確認できる「Reverse Beacon Network」。
 自分でCQを出した後にチェックすると、どこへどの程度の強度(dB)で届いたかが判り、なかなか参考になります。モールスの速度も判りますね。rbn.png
 ご存知ない方は、
http://www.reversebeacon.net/
のページの右上のボックスに目的のコールサインを入力してEnetrキーを押した後、「show latest RBN spots for XXXXXX」をクリックすると表示されます。

 先日は出先から10MHz帯を運用した際、ちょいと時間があったので、アンテナを付け替えて14MHz帯へQSYしてCQを出してみました。14MHz帯でどこまで飛ぶか「Reverse Beacon Network」確認したいということもありました。
 使用したアンテナは第一電波工業のモービルホイップ「HF20FX」ですが、このシリーズは「HF30FX」(10MHz帯用)があまりに優秀なので、こちらの14MHz帯用も大いに期待できるところです。

 SWRを調整し、国内局を狙ったJCCサービスのCQを送信しました。14.0600MHz付近。出力は50W。しかし残念ながら国内からの呼び出しはなし。近距離はスキップしているのか、それとも運用局が少ないのか・・・。130426-01.jpg

 さらに引き続き、DXから呼ばれたらどうしましょう(^^;)なんて思いながらパドルを叩き、5〜6回CQを出しましたが、同様に国内外共に呼び出しはなく空振りに終わりました。
 やむなくQRTとしましたが、電波はどこまで飛んでいるか「Reverse Beacon Network」を確認。すると、なんとユタ州とハワイ州まで飛んでいるではありませんか!しかもそこそこ強力に(・_・;)。

130426-02.png

 モービルホイップでそこまで飛んでいるなんてねぇ。10MHz帯では経験したことがないことです。次は18MHz帯で試してみましょう。「HF16FX」も持っているのです。

補足
ちなみに私の14MHz帯でのCQを捉えた局は「WA7LNW」「KH6LC」の両局です。7MHz帯と10MHz帯は国内局に捉えられていました。

posted by GECKO at 21:58| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする