toppicture-block_r.jpg

2013年01月26日

ケンウッド(KENWOOD) TS-50

 ネタ切れ(・_・;)なので、所有しているケンウッド(KENWOOD)の「TS-50」を紹介します。古いリグですが、実は結構気に入っています。

 TS-50は、ケンウッドが1993年2月に発売を開始したHF無線機です。もう20年も経ちますね。当時としては驚異的ともいえるコンパクトなHF無線機ではないでしょうか。
 カムバック後、CQ誌の2010年9月号の「モールス通信を楽しもう」という特集で「中古で入手するならTS-50は良い選択」という記事があり、もともと気になるリグだったため、しばらくしてTS-50S(100W機)をネットオークションで25k円くらいであっさり(^^;)落札しました。
 余談ですがその後に、専用アンテナチューナー「AT-50」も入手しています(^^)。
130126-01.jpg
 事前調査をろくにせず購入した訳ですが、CWを運用するべくこのリグに装着できるCWフィルターについて確認すると、型番は「YK-107C」となっており入手困難であることが判明。ネット上でも、TS-50にCWフィルターを取り付けたいが入手できなくて断念・・・というOMさんの記事も見受けられました。
 ネットオークションでごく稀に出品されるも、あっという間に高額になりとても落札できない始末・・・。
 ところがある日、ネットの中古無線機販売のサイトで運よく発見。1?k円で購入でき、すぐに装着しました。
130126-02.jpg
 そんなTS-50ですが、現在は主に移動運用(モービル)で使用しています。
 (このリグ、100W機なのに50W移動局で申請できるんです)
 セパレート式ではないので、クルマに取り付けはしておらず運用時に配線しています。
 シンプルな無線機でとても使いやすく必要十分ともいえますが、エレキーを搭載していないことが唯一の難点。外付け自作エレキーで対応してます。

 以前にUP,DOWNキーが利かなくなるというトラブルに見舞われましたが、なぜか直ってしまいました。愛着のあるリグになりつつありますが、故障したら、さすがに修理するかどうか悩むところですね。

posted by GECKO at 20:21| Comment(20) | TS-50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする