toppicture-block_r.jpg

2013年01月12日

ストレートキー(縦振り電鍵)に挑戦

 CWの交信をワッチしたり、自分で運用していると、綺麗なモールス符号,綺麗だけど文字間が分かりにくい符合,ドットとダッシュの判断が付きにくい符号・・・。さまざまな符号を聴くことができます。
 最近はパソコンで符号を送出しておられる局も多いようですが、私はそのような設定をしていないので、ごく初期の頃を除き、CWを始めて以来、ずっとエレキーを使いパドルで符号を送出しています。

 そのような訳で、一応はドットとダッシュは1:3の符号にはなっていると思いますが、文字間が広すぎたり、狭すぎたりしていると思います。エレキーを使っても、なかなか綺麗なモールスを打つのは難しいですねぇ。
130112-01.jpg
 そんな状況なのですが、最近は「やはりストレートキー(縦振り電鍵)かな」と思い、ストレートキーでの送信練習をしています。
 YouTubeなどで、ストレートキーを使い、芸術的ともいえる綺麗な符号を打っておられる動画を見ると、「やはりこれかな」と思いまして・・・。
 ストレートキーであればエレキーも不要、ましてやパソコンという複雑なものも不要。不要であればこれらの機器はなくてもよい、なければ故障率も低下・・・。更にリグを選ばないというのもメリットです。
 そして、ストレートキーを使った人間の手によるON/OFFは、実にシンプルで官能的ですね。でもそれだけに習得も難しいです。

 ストレートキーでの、本格的な実戦デビューはまだまだ先です。
 挫折しそうだねぇ。

posted by GECKO at 21:39| Comment(4) | 電鍵/エレキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする