toppicture-block_r.jpg

2012年11月24日

2アマを受験した時の話(5)

 2アマの国家試験を受けるべく、暗記問題はひたすら反復、計算問題はじっくりと原理原則を理解する・・・。試験日まで、そんな具合で毎日1時間くらい学習に充てました。

 試験勉強というと苦しいイメージがありますが、丸暗記に近い学習とはいえ、それまで知らなかったアマチュア無線に関する知識を得るチャンスでもあり、なんというか、結構楽しみながら学習できる場面もありました。
 一例を挙げると、電離層による第一種減衰や第二種減衰や、干渉性,偏波性,吸収性などのフェージング種類と作用など、通常の運用で経験する現象について、「なるほど、こうゆうことだったのか!」と納得したりしました。

 こうやって納得した問題は、その知識が自分のものになり解答を間違うことはありません。でもそんな問題ばかりでもなく、なかなか解答が覚えられない問題もたくさんありました。

 一方、計算問題は1問ずつ時間をかけ、解き方を理解して覚えていきました。

 そんな調子で学習した訳ですが、気付くと試験まで1週間となっていました。
 この時点で、通信術の聴き取り練習も十分でない(というか25文字/分になれていない)ことに気付き、こちらも本格的に聴き取り練習を始めました。

 暗記問題は全体を通して5巡くらい反復したでしょうか、計算問題の方は2巡くらい。そして2アマの試験は日曜日なので、前日の土曜日は計算問題も含め、1日かけてすべてを1巡しました。
 そしていよいよ試験に挑む訳です。

--- 2アマを受験した時の話 (目次) ---
(序章) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (通信術)

posted by GECKO at 19:27| Comment(0) | 2アマ受験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする