toppicture-block_r.jpg

2012年02月26日

船舶気象通報(灯台放送)を聴いてみた

 最近、ラジオ放送の受信に興味が湧いてきました。いま頃になって変ですよね(^^;)。
 ラジオ放送受信といえば海外短波放送でしょうが、ネットで、

 船舶気象通報(灯台放送)

 なるものがあることを知り、早速受信してみました。オタクですよね〜。

 灯台放送の運営上の詳しい説明は他のサイトに譲るとします。
 技術面で見ると、この放送は振幅変調の全搬送波方式を採用しているのですが、上側波帯のみのいわゆるA3Eの電波形式になっています。
 したがってアマチュア無線機で受信する時は、SSB(USBモード)で受信することになりますが、SSBとは異なり搬送波が存在するので通常のAMラジオでも受信範囲をカバーしていれば聴けるようです。、
 というのは、ネット情報の受け売りですが・・・(^^;)。

 結論からいいますと、モードはUSB,周波数は1669kHzに併せればOKという訳です。

120226-01.jpg
石廊埼灯台からの放送を受信しているところ

 なおタイムテーブルは以下の通り。これもネット上にありますが・・・(^^;)。

120226-02.jpg

 当ヤモリの棲むアマチュア無線局はアマチュア無線のHF用のアンテナを設置しているため、一般的なラジオ内蔵のロッドアンテナよりはよい受信環境になっていますが、それでも全てが聴こえる訳ではありません。
 聴いた範囲で強く入感したのは「石廊埼灯台」「八丈島無線方位信号所」そして「犬吠埼無線方位信号所」。RS56程度で入感しました。
 全て聴いた訳ではありませんが、その他はそれ以下でメーターが全く触れないところも多くあります。また全く入感しない局もありました。

 中波の特性上、遠方の局は夜間しか聴こえないと思いますが、興味のある方は受信してみてはどうでしょうか。

・・・ところで本日の運用ですが、めずらしく18MHz帯と24MHz帯も運用しました。DXはロシアの2局。14MHz帯はゼロでした。

<交信記録>
--- 国内 ---
10MHz CW 599-599 東京都国分寺市
10MHz CW 599-599 兵庫県朝来市 / 道の駅「フレッシュあさご」
10MHz CW 599-599 岐阜県関市
10MHz CW 599-599 静岡県浜松市南区 / 静岡県西部ハムの祭典公開運用
18MHz CW 599-559 北海道釧路市 / 釧路アマチュア無線クラブ
--- DX ---
21MHz CW 599-599 Asiatic Russia
24MHz CW 599-599 European Russia

posted by GECKO at 20:24| Comment(2) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

南鳥島と交信 14,025.0kHz CW

 今日は早朝運用はなし(寒さに耐えられず・・・)、朝の8時頃と夕方の運用となりました。

 8時頃。
 7MHz帯は既に国内がガンガンに開けていて、DX局の多い下の方の周波数も国内局で埋め尽くさんばかりの状況でした。そしてその国内局もパイルアップ状態だったので10MHz帯へ避難(^^;)すると、国内局は全く聴こえない閑散とした中に、ブルネイが入感していました。
 初エンティティーではないですが交信できました。
 ・・・そして外出。

 夕方。16時頃に運用開始。
 まずは21MHz帯でロシアが入感。とても速いモールスでしたがショートQSOで交信。そして更にウクライナが入感しました。
 この局の信号はQSBがひどく信号強度がゆらゆらしていましたが、やっとのことで相手のコールをコピーできたのでコール。しかしながらこちらのコールサインもなかなかコピーしてもらえない状況。何度もこちらのコールサインを送り交信完了しました。

 そして14MHz帯へ・・・。
 最初にキャッチしたのは「GM・・・・」のコールサイン。イギリスです。RST539程度。
 JAの局と交信しているところでしたが、その交信が終わるとJAの局が一斉にコール。猛烈なパイルアップの中、太刀打ちできず玉砕しました・・・(;;)。
 どちらにしても、いままでの経験値からすると、恐らく私の電波は届かないと思います。Hi.

120211-01.jpg
何と14MHz帯で南鳥島から(たぶん)

 そして上の方の周波数へ上がっていくと、強力なJAの局のCQを発見。「J*****/JD1」の局で、ネットで確認したら、日本の最東端の「南鳥島」からのようです。
 CWなので直接QTHを確認はできていませんが、多分そうだろうと・・・。
 そうであればとてもラッキーです。南鳥島は小笠原諸島とも別の、日本の3つのエンティティーのうちの1つです。パイルアップもなく599BKで交信いただきました。

<本日のDX>
10MHz CW 559-599 Brunei
14MHz CW 599-599 Minami Torishima (Marcus Is)
21MHz CW 559-559 Asiatic Russia
21MHz CW 559-449 Ukraine

posted by GECKO at 19:56| Comment(2) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

ベルギー 7,005.70kHz CW ,シンガポール 21,019.00kHz CW

 本日は午前中のみですが、まとまった時間が取れたので、ご多分に漏れずコーヒーを飲みながら、ヘッドフォンを被ってアマチュア無線業務に就いた次第です。
 いやぁ、完全にアマチュア無線運用が生活の一部になってしまいましたよ・・・(^^;)。

 本日は未交信の2エンティティーと交信できました。
 決して狙っている訳ではないのですが、現時点ではダイヤルをクルクル回していれば、未交信エンティティーに出遭える・・・。まだまだそんな状況です。
 しかしこんな状況もまもなく頭打ちになると思います。何しろ逆Vダイポールアンテナ一本で全バンドをまかなっているのですから。

 早朝6時頃。7MHz帯はノイズばかり。10MHz帯はどうかな?とばかりにバンドを切り換えるとウクライナが入感。簡単なラバースタンプで交信完了。
 そして7MHz帯へ戻ると未交信エンティティーのベルギーが入感。599BKで辛くも交信完了しました。

 9時頃。21MHz帯へQSY。するといきなり「W」が入感。CQに誰もコールしていなかったので1発コールでコールバック。599BKで交信完了しました。アメリカ合衆国のメリーランド州の局でした。RST559で入感。

 ・・・そして、しばし休憩。

 11時頃。シャックに戻って引き続き21MHz帯をチェック。すると昨日7MHz帯で逃したパラオの局を発見。こちらも1発コールでラバースタンプで交信できました。
 更にチェックすると、未交信エンティティーのシンガポールが入感。QSBが強くなかなかコールのタイミングが取れませんでしたが、信号が強くなったところでコール。ラバースタンプで交信完了しました。

 本日はコンディションが良かったのか、多くの局が入感しました。
 ノートにはCQを聴き取った十数局のメモがあり、その中でなんとか交信できたのがこれらの局です。ちょっと効率が悪いです。

<本日のDX>
7MHz CW Belgium
10MHz CW Ukraine
21MHz CW United States of America
21MHz CW Palau
21MHz CW Singapore

posted by GECKO at 19:10| Comment(6) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする