toppicture-block_r.jpg

2012年01月08日

ドイツと交信! 14,022.0kHz CW

 どうも正月休み明けから風邪気味です。声もおかしくなってしまいましたが、熱はなくダルさもないので、アマチュア無線運用を楽しんでおります・・・(^^;)。

 昨年は10MHz帯CWで国内のショートQSOが中心でしたが、年も明けたということで14MHz帯を中心としたDX交信へシフトして行きたいと思っています。
 まだまだ初心者レベルですが、最近は文例を見ながらラバースタンプQSOも何とかできるようになり運用の幅が広がりましたが、そんな中、本日は全6局と交信し、そのうちの5局が海外局との交信となりました。

 午前中。
 14MHz帯でマレーシアが入感。ショートQSOで交信完了。次に21MHz帯へQSYするとタイと台湾が入感。タイはショートQSO、台湾はレポートとNAME交換のパターンで交信完了。
 ここまではアジアばかりなので、ちょっと刺激が少ないところ・・・。
 DXはやっぱり14MHz帯でしょうと14MHz帯へ戻ると、「2012年オール熊本コンテスト」の参加局のCQを発見・・・(^^;)。ここで14MHz帯で国内局(熊本県)と交信しました。
 何かホッとする感じ・・・。

 夕方。
 まずは21MHz帯をチェック。するとサイパン島からのCQが入感。QRZ.COMを見るとオペレーターは日本の方のようですがCWなので関係ありませんね(^^;)。RST559で入感。ショートQSOで交信完了。
 そして本命の14MHz帯へ・・・・。

 14MHz帯へQSYするとコンディションがよかったのでしょうか、いきなりスイスが入感。RST539程度。JA局と交信している模様。その間にスイスの局のNAME,QTH,シグナルをメモっておいて交信終了と同時にコールするも空振り。
 パイルアップに負けたのではなく届いていない模様・・・・。相変わらずCQが続いており、コールする局がありません。誰もコールしないのに・・・残念です。
 更にチェックするとドイツが入感。RST559。CQを出し始めたばかりなのか、JA局と交信後に引き続きCQを出しても誰もコールしない模様。すかさずコールするとコールバックあり。ラバースタンプQSOで交信完了しました。私の交信後、2〜3局がコールしてパイルアップになっていました。早く見つけたのが勝因でした。
 このドイツの局、コールサインの後ろに「/MM」を付けていました。たぶんモービル運用だと思います。
 更にオーストラリアやシンガポールも入感。コールしましたがコールバックなしでした。

 本日は14MHz帯でドイツと交信できたのでよしとしましょう。

<本日のDX>
14MHz CW West Malaysia
14MHz CW Fed. Rep. of Germany
21MHz CW Thailand
21MHz CW Taiwan
21MHz CW Mariana Is.

posted by GECKO at 21:37| Comment(2) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする