toppicture-block_r.jpg

2017年10月14日

通信士・・という資格。

 10月に入りコンディションも向上してきたようです。夕方には国内JCCサース局がたくさん入感していました。そんな状況でしたが、交信は7MHz帯で1局という状況でした(^^;)。

 さて話は変わりますが、以前に「一陸特」の書籍を購入したという記事を書き、その後に受験に至っています。無事に合格できたのですが、どうもクセになってしまった(^^;)らしく、今回は以下の書籍を購入してしまいました。

 「第四級海上無線通信士」従事者国家試験問題解答集です。

171014-01.jpg

 第四級海上無線通信士、略して「四海通」。
 英語表記では「Maritime Fourth-Class Radio Operator」。

 「一陸特」以上に、現在の私の職業には無縁の資格です(^^;)。
 この試験、難易度はネット上に色々と書かれていますが、ざっとこの問題解答集の内容を見る限りでは、無線工学は二アマや一陸特と比べ計算問題の比率が少ない感じ、法規は海上移動業務に関することが中心で未知の世界です。
 ネット上に公開されている、平成29年8月度の四海通の試験問題のリンクを張っておきます。(無線工学法規

 「アマチュア無線技士」,「陸上特殊無線技士」と取得しましたが、四海通は「海上無線通信士」です。「通信士」と名の付くプロの資格に魅力を感じてしまうのは、私だけでしょうか!?
 試験は平成30年2月ですが、受験するかどうかは、未定?ということで・・・(^^;)。

 ・・・いやはや、無線資格のスパイラルにはまり込んで行きそうです。

posted by GECKO at 22:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ツーリングマップル

 いよいよ3連休が始まりました。全市全郡コンテストが始まったりしていますが、この3連休は遠方へお出かけされる方も多いと思います。
 今回はバイクツーリングされるライダーの方にはおなじみの「ツーリングマップル」を紹介します。
 このところ無線ネタ以外のネタが多くなりましたが。

 「ツーリングマップル」は昭文社から出版されているバイクツーリング用の製本された地図です。アマチュア無線をされる方で同時にライダーでもある方もいらっしゃるかと思いますので、ご存知の方も多いかもしれませんね。愛用されている方もあるかも知れません。

 現在はスマートフォンでもカーナビになってしまう時代で、製本された地図の需要は激減しているようです。確かに、迷わずに目的地に辿り着く・・・という意味でカーナビは便利です。
 しかしバイクツーリングはどちらかというと、「ライディングを楽しむ」「風景・景色を楽しむ」「酷道・険道を走る」(←マニア向け?)ことが重視されますので、製本された地図を広げて目的地までのルートを見ながら、ワクワクするのもひとつの楽しみですね。
 むろん、バイクで道に迷うのも、ある意味楽しいものです。

171007-01.jpg

 私が所有しているのは「中部北陸」の2007年版と2016年版です。しばらく2007年版を愛用していましたが、さすがに内容が古くなったことと、少し痛んで来たので、昨年2016年版を購入した次第です。
 ぼろぼろになるほど使い込んでいる方がかっこいいのがツーリングマップルなのですがね。
171007-02.jpg
 このツーリングマップルですが、バイクツーリングで使うことを考えて随所に工夫が見られます。
 ひとつは360°折り返して地図面を上に向けてバイクのタンクバックなどに収納できるよう「PUR製本」という製本がなされています。
 写真のように360°折り返しても製本部分が外れてしまうようなことはありません。私の2007年度版の方は何度も折り返して使用しましたがぜんぜん大丈夫です。
171007-03.jpg
 このあたりはさすがにバイクツーリング用!と感心させられます。よく考えられています。
 バイクツーリングされているライダーさんのバイクのタンクバックに、折り返して収納されているところをよく見かけます。

 さらにもうひとつは、付加された情報量の多さです。
 「温泉情報」「食べもの情報」「キャンプ場」「アクセス・抜け道」「道路コメント」「おすすめ宿」「おすすめルート」「観光コメント」など。地図の中に太字や噴出しでこれらが記載されています。
 そういった意味では、ガイドブック的な使い方も可能で、開いて見ているだけでワクワクします(^^;)。バイクツーリングだけでなくドライブコースを考える際にも役に立ちますね。
 特に紫色で描かれた「おすすめルート」はバイクツーリングのコースとして走っておきたいルートで、こういった情報はネット上の地図ではなかなか知ることができません。

171007-04.jpg

 そういった意味で、バイクに乗らない方も、車を使ったドライブ好きな方はこのツーリングマップルは一冊持っていて損はないと思います。
 価格は1,800円。A5版サイズなのでかさばらないです。
 遠方へドライブを兼ねて移動運用する際にも、ルートを考える上で役立ちますね。アマチュア無線家も必携です(←少し強引です)。

 ただひとつだけ難点を挙げると、スケールが1:140000なので少々小さいこと、更に市街地などの拡大ページが少ないことがあります。まあこれもバイクツーリング用ということで割り切ればよく、この地図とは別にカーナビがあればまったく問題ないことです。
 という訳で「ツーリングマップル」の紹介でした。興味のある方はぜひ!

posted by GECKO at 22:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

コンテストとDX局がFBに入感

 晴天、絶好の行楽日和となりました。無線運用は昼食後に少しと夕方のみとなりました。

 本日は思いのほかコンディションがよく、夕方にイオノグラムを見るとF層がくっきりと臨界周波数10MHzくらいまで伸びていて7MHz帯国内はFBに入感していました。秋のコンディションのような感じです。
 そしてタイミングよく「JLRS第46回パーティーコンテスト(電信)」が開催されていて、7MHz帯では CQ TEST が強力に入感していました。
 とかくドッグパイルになりやすいこのコンテストにあって、コール局を巧みにさばく各YL局さんには脱帽でした(^^;)。
 7MHz帯でファースト2局を含む6局と交信できました。

 夕方には久しぶりに21MHz帯のCWをチェックしてみると、Pで始まるコールサインのCQが入感しました。調べるとパプアニューギニアの局でした。コール一発でコールバックがあり交信となりました。

 たまたまなのかも知れませんが、コンディションがわりとよかったので、国内外との交信が楽しめた運用となりました。

<本日のDX>
21MHz CW Papua New Guinea

posted by GECKO at 19:17| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017 CQ WW RTTY Contest

 いろいろと用事があって無線運用が少ない土日となりました。

 そんな中、この土日は「CQ WW RTTY Contest」が開催されています。せっかくRTTYも運用できるようになっているので、入感していたら呼び回りしてみようと、本日の夕方の僅かな時間ですがリグのスイッチを入れました。
 最近はコンテストくらいしか積極的に運用できなくなっています(^^;)。
 このコンテストのナンバーは、「RST+ゾーンNO」を送るというものですので日本国内の局は「599 25」となります(JD1の局は27)。
 毎回同じナンバーなので、RTTYコンテスト初心者には優しいです・・・Hi.
 このコンテストへの参加は2年ぶりです。

 コンテスト局のバンド内の様子はというと、所詮は当無線局のワイヤーダイポールでのレベルですが、日中のは14MHz帯と21MHz帯でアジア圏を中心に入感していました。ロシア,中国,香港,タイ,ベトナム,シンガポールといったところですが、強くありません。
 それ以外の地域はまったく入感なし。アンテナもアンテナですが、コンディションが悪いことも影響していると思います・・・。

 コールするもQRZ?が返ってくることもしばしば・・・。結局、14MHz帯でたったの2局のみで終わりました(^^;)。まあ、それでもRTTYで何とか交信できたのでよしとしています。

<本日の結果>
14MHz RTTY Vietnam
14MHz RTTY Asiatic Russia

posted by GECKO at 20:06| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

学研「電子ブロックmini」

 曇り空の一日となりました。
 台風が接近していますが、わりと穏やかです。嵐の前の静けさでしょうか。コンディションは夕方にはよくなっていて7MHz帯でJT65を運用した他、14MHz帯CWでも交信できました。また一時的にEsが発生して50MHz帯は6エリアが入感していました。

 しかしよい交信ネタはないので「電子ブロックmini」を紹介します(^^;)。

 電子ブロックといえば、'60年代後半から'70年代にかけて学研から販売されて、当時はそこそこのブームだった?ようですね。
 ”ようですね”・・・というのは、私はその年代は幼少期だったので実際にどんな状況だったか判らず、ネット情報よるものです(^^;)。ただ幼少ながら、「電子ブロック」というものが存在していたことは記憶があります。

 時は流れ、2011年11月30日。学研の「大人の科学マガジン」シリーズのvol.32として「電子ブロックmini」が販売されました。当時は大型書店で見かけましたが、私はそれから数年後(2015年頃?)にアマゾンで購入しました。170917-01.jpg
 アマチュア無線家たる者、電子回路の基本が解らないとダメかな(いまさら?)ということで購入した次第ですが、本家の電子ブロックの知識は限りなくゼロ(^^;)なので、その比較はまったくできませんのでご了承下さい。
 この電子ブロックminiでは、ブロックの数が25個でテキストには50の回路の組み方の解説があります。シンプルなものではトランジスターのスイッチ作用や電流増幅作用を確認できる回路、複雑なものではラジオが組めます。写真は24個のブロックを使った「フレックス1石+ICアンプラジオ」です。170917-02.jpg
 この電子ブロックmini自体がキットになっていて、本体を組み立てる必要があります。ハンダ付けは不要でドライバー1本で組み立て可能なのでわりとサクサクと進められますが、小学生ではちょっと難易度が高いように思いました。(組み立てしたのが2年ほど前なので、実はあまり記憶がないのですが・・・)

 ラジオについてはその他にもたくさん載っていて、「ダイオード検波ラジオ」というたった5個のブロックで作れるものがあります。早速組んで受信してみましたが、当地では電波があまり強くなく、かすかに聴こえる程度でした。170917-03.jpg
 その他には「うそ発見機」や「運動神経測定機」といった遊び心満載のものや、なんと「光によるモールス練習機」なるものがあります。

 どこかのブログに、自分が購入したら小学生の子供がハマっている・・・といった記事がありました。なんでもスマホでできてしまうような昨今ですが、こういったものもなかなか新鮮かと思います。一家に一台「電子ブロック」はいかがでしょうか・・・(^^;)。
 まだ50の回路をすべて組んではおらず、箱に入れてしまい込んでいましたが、この連休に時間のある時に組んでみようというところです。
 という訳で「電子ブロックmini」の紹介でした。

posted by GECKO at 18:58| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)とNAVTEX(航行警報テレックス)

 晴天の一日となりました。まだまだ暑かったです。
 コンディションの方もまだ夏のコンディションでしょうか。あまりよくなく、午前中にすこし移動運用しましたが交信数は伸びませんでした。

 そんな状況でしたので、モービルホイップで「JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)」の7,793.10kHzを受信してみましたが、さすがにここの電波は強くモービルホイップでもわりと強力に受信できました。
 パソコンも持ち合わせていましたので接続し、以前にインストールした「KG-FAX」を起動すると、何とか描写はされましたが画質は悪かったです。170903-01.jpg
 とはいっても、ここまで描画できればいいかな?というところです。
 それにしても、出先の車の中でパソコンと無線機でラジオFAXを受信するなんてマニアック度満点です。傍から見たら理解に苦しむこと必至ですよね(^^:)。

 そうこうしているうちに、以前から気になっていた「NAVTEX(航行警報テレックス)」の受信を思い立ちました(^^;)。帰宅後にシャックのパソコンに「KG-NAVTEX」をインストールしましたが、これは中波なので日中は入感しないため、夜間再度受信することにしました。170903-02.jpg
 和文を受信したかったのですが、上記サイトによれば21時から送信される模様、その時間にアマチュア無線機で424kHzを受信。
 モードをCWに設定し、KG-NAVTEXを起動すると、パソコンに信号が取り込まれ文字が現れました。アンテナは7MHz帯にマッチングしたダイポールアンテナで、中波の受信にはちょっと向かないのですが、なんとかデコードできるレベルで入感しました。これもまたマニアック度満点ですね(^^;)。

 そんな訳で、ちょっとマニアックな受信をした休日となりました。

posted by GECKO at 22:09| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

フランス領ポリネシア 14,086.4kHz RTTY

 9月に入りましたがまだまだ暑い日でした。しかし湿度は低く爽やかな秋晴れといってもよい一日となりました。

 午前中から外出していたので午前中は解らないのですが、午後に帰宅した14:00頃はコンディションは悪く、7MHz帯でも数局が弱く入感している程度でした。もう今日の運用はなしかな?なんて思いながらシャックにいましたが、16:30頃のイオノグラムにはEsがくっきりと現れていましたので10MHz帯をチェックすると、国内近距離が入感していました。
 10MHz帯のCWのCQ局にコールして数局と交信できましたが、その後に10MHz帯のJT65をワッチするとなんとアラスカの局が入感していました。かなり弱かったのですが交信することができました。

 その後に14MHz帯へQSYしひと通りチェックすると、RTTYが何やら賑やか。その中にフランス領ポリネシアの局を発見しました。こちらも電波は弱くデコードが上手くできない状況・・・。ダメ元でコールするとQRZ?が返ってきましたので再コールするとコールバックあり。なんという耳の良さ!
 こちらからもレポートを送り交信となりました。

 交信数は少なかったのですが、DX局と交信できたのでよしとしましょう。

<本日のDX>
10MHz JT65 Alaska
14MHz RTTY French Polynesia

posted by GECKO at 19:34| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

短波ラジオ「ER-21T」

 本日は所用により無線運用はなしとなりました。
 午後に少し時間ができましたが、イオノグラムを見てもあまりよいコンディションではない感じでしたのでリグのスイッチを入れるに至らなかった状況です。

 そんな訳ですので、電波つながりで短波ラジオの紹介です。

 短波ラジオといえばBCLですね。'70年代にいわゆるBCLブームがあったと聞きます。私自身はそれよりも少しあとの世代で、私が高校生の頃は、BCLブームが去ったあとでした。ただ私がアマチュア無線に興味を持ち出した高校生の頃は、リッチな友人がHFのゼネカバ受信機能の付いた無線機を持っていて、BCLを楽しんだりしていました。
 ちょっと神秘的な感じがしていて羨ましい思いをし、せめて短波ラジオは欲しいな・・・思いつつ、結局は手に入れることはありませんでした。
 当時の短波ラジオは高額だったのです。アマチュア無線もHFは運用せずじまいとなっていました。
170826-01.jpg
 その後、社会人になってアマチュア無線を再開し、HFも運用を始め、BCLにもさほど関心がなくなってしまったある日、ネットでBCLの記事を見て思わず買ってしまったのが写真の短波ラジオです。7〜8年前のことです。
 おどろくなかれなんとネット通販で1,980円!すでにゼネカバ受信対応のHF機も所有していましたので、単なる興味本位での購入です(^^;)。朝日電機株式会社の「ER-21T」というモデルです。
 短波ラジオもここまで安くなったのか!と驚きました。
 現在は生産終了モデルのようですが、こちらではまだ販売されています。少し価格が上がっているようですね。170826-02.png

 この短波ラジオは周波数表示がデジタルなので直読できて便利なのですが、PLL方式ではありません。よってメモリー登録はできないですし、もちろんテンキーで周波数入力といった芸当もできません。
 それでも中波(AM放送)とFM放送を含み、短波のかなりの範囲の受信をカバーします。受信できる範囲は右の通りですが、実際はこの範囲以外も一部受信できてしまいます。かなりラフに調整してあるようです。というか、構造上そうならざるを得ないのでしょうね。
 たとえばアマチュアバンドの7MHz帯や14MHz帯の一部も受信できます。ただしAM変調のみの復調なのでSSBの復調はできませんが・・・。

 放送の感度は思いのほか良好で、夜間には装備されているロッドアンテナを使うことで海外のいろいろな放送が聞こえてきます。(むろん価格相応という意味ですが)

 そのような訳で激安短波ラジオの紹介でしたが、AM放送とFM放送も聴けますので、こういったラジオは一家に一台!といったところでしょうか(^^)。
 興味のある方の参考になればと思います。

posted by GECKO at 18:15| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

JJY(標準電波送信所)と電波時計

 曇り時々晴れ、気温は高く蒸し暑い一日となりました。
 シャックにいる時間もそれほどありませんでしたが、いる間は定期的にイオノグラムをチェックしていましたが、終始低迷してコンディションもあまりよくなったように思います。

 交信ネタがないので、電波つながりでJJY(標準電波送信所)についてです。
(本日、7エリアのOMさんとこの話題で盛り上がりましたので・・・Hi)

 JJYといえば電波時計と切っても切れない関係ですね。いまでは一軒に一台は電波時計があるのではないでしょうか。
 このJJYからは、日本標準時(JST)電波が送信されており、電波時計はその電波を受信して正確な時間をセットする仕組みになっています。
(ここで私が説明するまでもありませんが・・・Hi)
 JJYは現在日本国内に2ヵ所あります。ひとつは福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」、もうひとつは佐賀/福岡県境の「はがね山標準電波送信所」で、それぞれ40kHzと60kHzの周波数の標準電波が送信されています。
 という予備知識は、アマチュア無線をされる方ならば多くがご存知かと思いますが(^^;)。

 我が家にも3台の電波時計があります。いずれも卓上タイプのものですが、そのうちのひとつが写真のものです。170819-01.jpg
 毎正時(00分)に電波を自動受信して、正確な時刻を設定します。
 実はこの電波時計は、福島局(40kHz),九州局(60kHz)の両方に対応していて電波の強いほうを自動選局する機種なのですが、以前から気になっていた「どちらの標準電波を受信しているの?」について取扱説明書で確認したところ、どちらを受信しているか画面表示されていることが判りました。
 写真の液晶の右上に「E」と表示されていれば福島局(40kHz)、「W」と表示されていれば九州局(60kHz)を受信したということです。いままでまったく意識したことのなかった表示です・・・Hi.170819-02.jpg

 ここ2エリアは日本のほぼ真ん中ですが、距離的には福島局までが400km弱,九州局までが700km弱でなので福島局の方が距離的には近いのですが、「W」と表示されていますので九州局の電波を拾っているようです。
 その後、正時の自動受信の度にチェックしましたが、毎回のように「W」と表示されます。JJYは長波ですので、伝播上のいろいろな要素が重なり遠方の九州局(60kHz)を受信するのだと思います。

 逆に「福島局(40kHz)の標準電波を受信させてやりたい」という思いがあります(^^;)が、さてどうしたらいいのでしょうね。

posted by GECKO at 20:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

マレーシア 14,076.0kHz JT65

 雨の一日でした。
 コンディションも良いとは言えず、日中は無線運用をすることはなかったのですが、夕方から断続的にJT65をワッチしました。
 夕方になると14MHz帯のJT65はDX局を中心に徐々に賑やかになっていました。一方、昨日北米と交信できた10MHz帯は何も入感なし。18MHz帯や21MHz帯のJT65も何も入感していませんでした。

 特にコールすることなく一旦シャックを離れ夜間に再度ワッチすると、14MHz帯のJT65はDX局で相変らずの賑わいでした。

 アジアはもちろん、北米,南米,EU,アフリカまで見えましたので手当たり次第コールしましたが、すべて玉砕する結果となりました。なかなかピックしてもらえません。
 唯一、マレーシアの局にはピックアップいただき交信成立となりました。なんとか交信できた良かったです・・・Hi.

<本日のDX>
14MHz JT65 West Malaysia

posted by GECKO at 21:18| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする