toppicture_ts680v_3.jpg

2017年05月21日

24MHz帯も積極的に

 昨日に続きとても暑い一日となりました。真夏日です・・・Hi.
 お空のコンディションの方はどうだったかというと、この時期特有のEs(スポラディックE層)の発生はどうもはっきりしない状況でした。
 夕方にEsは少し出ていましたがハイバンドはパッとせず、代りにEs反射だったのでしょうか、10MHz帯の近距離がとてもFBなコンディションとなっていました。

 強いEsが発生するとハイバンドの近距離交信が楽しめるようになりますが、このところ少し興味が湧いたのが24MHz帯です(^^)。というのも、いつも情報を下さる7エリアのOMさんが24MHz帯をアクティブに運用されるとのことで、それに影響を受けてしまったからです。
 地味なバンドであるところがFBです(^^;)。
 この24MHz帯ですが、HFの中でももっとも運用者の少ない地味なバンドだということに異論を唱える人は少ないと思います。理由として、コンテストのないWARCバンドであること、開放が1990年頃で歴史が浅いこと、などが挙げられると思いますが、同じWARCバンドの10MHz帯や18MHz帯はそれほど地味なイメージはありません。
 21MHz帯と28MHz帯の間に挟まれ、資格上の運用の制約もなく、伝播も目立った特長が感じられないというのも理由のひとつではないでしょうか。
170521-01.jpg
 そんな24MHz帯をもう少し積極的に運用してみようと思い立ち、第一電波工業の「HFシリーズ」のHF12FXを購入しました(^^;)。
 冬場はほぼ使う用途がなく、この時期にモービルから国内QSOのためだけに購入したといっても過言ではありませんが、常置場所のアンテナも含めて24MHz帯にマッチングしたアンテナがひとつもないため、1本くらい持っていてもいいかな?と思い散財(失礼!)してしまいました。

 まだまだEs発生の季節は続くので、24MHz帯を積極的に運用したいですね。

posted by GECKO at 22:17| Comment(0) | 24MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

デジタル一眼レフカメラ「絞り優先オート」

 ほとんど無線運用のない一日となりました。
 コンディションは夕方にはEsが発生してハイバンドが好調だったようですね。

 さて先日、デジタル一眼レフカメラの記事を載せましたところ、一部の方から反響をいただきました・・・(^^;)。
 私はカメラについてはとりあえず道具から入った超初心者ですので、カメラに詳しい方からみれば「いまさら何を?」となること必至ですが、撮影モードをちょっと触ってみました。

 普段はほぼ「プログラムオート」のみしか使っていませんが、私が使っているNikonの「D40」には、写真のような撮影モードダイヤルが付いています。170514-01.jpg
 注目すべきは「AUTO」の隣にあるP,S,A,Mでこれらは、
 P→プログラムオート
 S→シャッター優先オート
 A→絞り優先オート
 M→マニュアル
というモードを表しています。
 今回は「A」の「絞り優先オート」で絞り(F値)を変えて撮り比べしました。絞りについては、こちらこちらのサイトがが詳しいですね。

 「絞り優先オート」は、設定したF値(絞り値)を固定し、それ以外の部分はカメラが自動で設定してくれるというものです。

 下の写真は「絞り優先オート」でF値をそれぞれ「F5.6」と「F32」に設定して撮影したものです。シャッター速度はカメラが自動的に設定しています。
 ずいぶんイメージの違う写真に仕上がるものですね。
170514-02.jpgF値(F5.6) / シャッター(1/13秒)
170514-03.jpgF値(F32) / シャッター(3.00秒)

 絞りを大きくすると光がたくさん入らないのでシャッター速度が長くなりますが、F32の場合はなんとシャッター速度(開放時間)は3.00秒です。もはや手振れは防げないですよね。もちろん三脚で撮りましたが。

 ちなみに私がいつも使っている「P」の「プログラムオート」は、絞りとシャッター速度の両方をカメラが自動的に設定するものです。また「AUTO」はカメラにすべてお任せモードですが、このモードは普段は使っていません。

 これからは「絞り優先モード」も積極的に使わないとね。

posted by GECKO at 20:37| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

スイス 18,100.50kHz RTTY

 暖かい日となりました。本日は早朝から出かけていましたが、15:00頃には帰宅し夕方から無線のワッチを始めました。

 このところEsが発生し始め、タイミングがよいとハイバンドでの国内交信が楽しめるようです。
 本日の夕方はイオノグラムを確認しながらコンディションをチェックし、18MHz帯を中心にワッチしていました。この時期の18MHz帯のSSBは、Esの発生を狙って運用される局が多いようで、Esが発生すると賑やかになります。
 やはりCWよりSSBの方が運用局が多いので、チェックはSSBです。

 本日の夕方はしばらくEsの発生がなかったのですが、17:00頃にイオノグラムで僅かにEsの発生がありました。それを見て18MHz帯のSSBの周波数あたりをチェックしましたが、特に入感はありません・・・。
 この時点では臨界周波数が5MHz程度でしたが、やはりもう少し強い(臨界周波数の高い)Esが発生しないとダメなのかもしれません。
 そんな状況で18MHz帯の周波数を下げて行くと、18,100.50kHz付近でRTTYの信号が入感していました。RTTYの国内QSかな?と思い、リグのモードを切り替えてデコードすると、なななんとスイスの局でした。
 リアルに579で入感。こちらは地上高10mのワイヤーダイポールアンテナですが、この時期に18MHz帯でスイス?ちょっと信じられない状況でした。
 ワッチすると、CQ空振り状態に近く、時々DX局がコールして交信している模様。JA局も交信していました。届くかどうか半信半疑でコールするもまったく届いていない感じ。それでもあきらめずにコールし続けると10回目くらいのコールでコールバックがあり、交信成立となりました。

 いやはや予想外の展開・・・。特に珍しいことではないのかもしれませんが、個人的には驚きでした。
 これだから無線は侮れません。

 しかしこんな調子でスイスと交信できしまうと、ゴールデンウィークの無線の運を使い果たしてしまったのではないかと複雑な心境になっています(^^)。

<本日のDX>
18MHz RTTY Switzerland

posted by GECKO at 19:22| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

デジタル一眼レフカメラ Nikon D40

 晴天の一日となりました。しかしコンディションはもうひとつですね。そろそろ18MHz帯が賑やかになって欲しいですね。
 再開局してまもなく、当時は18MHz帯のフォーン(SSB)で北海道の局と交信できて感激した記憶があります。18MHz帯はそういった意味で、個人的には思い入れの深いバンドです。

 さて、ネタ切れですのでカメラの話です。

 このブログに掲載している写真のほとんどはNikonの「D40」というデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で撮影しています。このモデルは、デジタル一眼レフカメラを一般に普及させた初心者用などともいわれたものです。
 トップの写真ももちろんこのD40で撮影しています。
 このカメラ、購入したのが2009年で、当時はモデル末期という状況でした。もう8年も前のことです。1704239-01.jpg
 写真がそのD40ですが、これはやむなくiPhone6のカメラで撮影しています。自分で自分は撮れないですからね(^^)。

 さてスペックですが、こちらの通りです。たかだか6.1メガピクセル(約600万画素)です。なんとiPhone6よりも少ないのです!
 その他のスペックはというと・・・たくさんの数値が並んでいますが、これらが一体どの程度のものなのか、さっぱり解りません。そんな状態で8年間使っています。
 撮影モードもフルオートに近い「P」(プログラムモード)ばかりです。いろいろ設定できるのでしょうが、まったく使いこなせていません。電源をいれてシャッターを押す・・・それだけです。

 ボディーが大きいので、持ち歩くのは苦痛です。よって外出での撮影のほとんどはiPhone6ばかりです。iPhone6だとかなりカメラも良くなっているのですが、やはりそれなり感はあります。それを承知の上で撮影しています。
 むろん、旅行などでは必ずD40を持っていきます。「カシャ」という撮影時のシャッター音が何とも堪らないです。Nikonはいい音がします。

 アマチュア無線をされる方にはカメラに詳しい方もいらっしゃいますので、私のようなカメラ初心者の記事はこれ位にしておきます(^^)。

 最後に、D40とiPhone6のサクラの撮影の比較です。撮影時刻に若干の時間差がありますが両方で撮影したものです。どちらもオートの設定ですので、被写体に向けてシャッターを押しただけです。
(両者を比較することにあまり意味はありませんが)
 一眼レフの場合、レンズが重要ですよね。ここではD40では、
Nikon NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6 GU ED
というレンズを使っています。購入時に付属していた標準ズームレンズです。
 フォトレタッチソフトでサイズを縮小して文字を入れています。Exif情報は削除しています。
 こんなページもありました。

170423-02.jpg

170423-03.jpg

posted by GECKO at 18:53| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

自己啓発・・・といったところですかね。

 天候がすぐれない土日となりました。
 本日は午後から晴れて来ましたが、当地ではソメイヨシノはほぼ満開かな?といったところです。晴天であればよかったのですが。

 さてこの土日は1アマと2アマの国家試験がありました。受験された方は一喜一憂といったところでしょうか。私も数年前に受験したことを思い出します。・・・ということで試験ネタです。
 かれこれ1年半くらい前の話ですが、大きな書店へ立ち寄った際に無線関係の資格のコーナーを見ていて手に取り、思わず買ってしまったのが写真の試験対策本です(^^;)。170409-01.jpg
 購入日は2015年11月23日。「お買い上げ伝票」がしおりのように挟まっていました。試験を受けるためではなく内容に興味をもってしまい、自らの知識を高めるためのテキストのような位置づけで購入しましたが、いわゆる「積読」状態(^^;)になっていました。
 学生時代に散々学問をサボった私が、自らの知識を高めるために購入・・・などありえない!と思いきや、反面、もっとまじめに勉強しておけばよかったと反省する自分がいます・・・Hi.
 資格のレベルでいえば、もうワンランク上のいわゆる「一陸技」がありますが、私のレベルでは「一陸特」でさえハイレベル過ぎます。

 昨今、インターネット閲覧やSNS(それほどのめり込んでいませんが)に費やす時間がとても勿体なく感じて来ました。この時間を技術と知識の向上(私には似合わない言葉)のための時間に充てたいもの・・・ということで、改めてこの書籍を開いてみると、なかなか興味深い内容・・・。
 いきなり「多重通信方式」や「マイクロ波」の話が。なかなか興味深く読めそうです。

 ・・・6月の平日に試験があるようですね。

 ちなみにこの「一陸特」の資格を取ってもアマチュア無線の運用はできないようですね。無線工学の試験内容がアマチュア局の運用に必要な知識全般を証明するものではないから・・・ということのようです。
 ある意味、アマチュア無線技士はすごいです。

posted by GECKO at 19:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

未交信の市区郡の状況

 いよいよ4月になりました。
 本日は4月1日のエイプリルフール、各局さんのブログでのエイプリルフールのジョークを期待します!
 ちなみにこのブログは至ってまじめです・・・Hi.

 Googleでは例年の如くこんなジョークが・・・。

 さて無線ネタですが、昨日は3月31日というきりのいい日でしたので、その時点での未交信の市郡区を調べてみました。結果、未交信は3市,20郡,5区となってることが判りました。
(エイプリルフールのジョークではありません^^)。
 バンドとモードはミックスです。ちなみに残りの3市は、以下の3市です。前回の記事から2市をWKDしています。郡についても1郡をWKDしています。

大阪府羽曳野市(2526)
和歌山県海南市(2603)
熊本県菊池市(4310)

 市についていえば、前回の記事で未交信となっていた宮城県富谷市(0616)は新市誕生ということで移動運用局が多くすぐにWKDできました。そして千葉県習志野市(1216)についてはなんと記事を書いた翌日の10月16日の「オール千葉コンテスト」でWKDできています。

 残りの未交信市については、その市から運用する局にはなかなか遭遇できません。タイミングの問題なのでしょうね。
 更にこのコンディションの悪さが拍車をかけていて、なかなかWKDが難しい感じです。まあのんびり行きますが(^^;)。

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

Happy Hacking Keyboard Professional2(HHKB)を使ってみる。

 暖かい日となりました。しかしコンディションは相変らずですね。
 夕方に14MHz帯をワッチしましたが、CWで台湾が入感、JT65ではEUが-20dB程度の強さでスイスなどが入感していましたが、コールせずじまいとなりました。いやはや・・・。

 そんな訳で、前回に続きキーボードネタの第2弾です!

 今回紹介するのは少し前に購入した、PFU社の「Happy Hacking Keyboard」シリーズの「Professional2」モデルの 白色(英語配列)です。170325-01.jpg
 「ハッピー・ハッキング・・・」怪しげな名称ですが、このキーボードは少々高額・・・いやかなり高額(^^;)なので、購入にはかなり思い切りが必要です。
 それでいて独立したテンキーもなくファンクションキーもないので不便極まりない?キーボードですが、それを以ってしても購入する価値のあるキーボードだと個人的には判断したためです。

 どんなキーボードかは「HHKB」などでググってみて下さい!

 購入にあたっては、墨カラーの無刻印モデルにするか、刻印ありモデルにするか。また日本語配列モデルにするか英語配列モデルにするか・・・結構悩みました。何しろ高額なキーボードなので・・・。

 まずキー配列については英語配列モデルにしました。
 というのも日本語配列モデルはキーが多すぎて見た目があまりかっこよくありません(個人的見解ですが)。
 見比べてみて下さい。日本語配列モデル 英語配列モデル
 結構、見た目で選ぶ性格なのです。しかしこれが後に仇となることに・・・。

 次に無刻印モデルか刻印ありモデルかについて。
 日本語配列ならばともかく、英語配列は記号などのキーの位置が日本語配列とは異なります。よって、ローマ字日本語入力はほぼ問題ないもものの、記号を入力する際に指が迷子になること必至です(^^)。よって刻印ありモデルにしました。しかも白色で。

170325-02.jpg

 使用感については、パソコンに付属してきたメンブレン式の安価な(失礼!)キーボードとは明らかに違うことは、キー入力した瞬間に実感できます。
 いわゆる「メカニカルキーボード」とも違う独自のタッチだと思います。
 キーのガタつきも少なくカタカタと心地よい音と共に軽快に入力できます。異次元のタッチ・・・というのは大げさですが、タッチは素晴らしいの一言です。
 キーボードなんてどれも同じ、980円のキーボードで十分・・・という考え方が間違っていることを実感できます。
 (動画サイトでもこのキーボードを紹介した動画がたくさんあります)
 造りもしっかりしていて、電鍵と同様に一生モノになるかも知れません。

 ただ英語配列なので、記号のキーの場所の違いは日本語配列に慣れきった指先だと結構大変です。特にカッコ「()」はキーひとつ分ずれていますし、アスタリスク「*」もまったく位置が異なるので要注意です。
 無意識に右小指で「*」をパンチしたつもりが「’」が表示されてしまいます(++)。英語配列はまだまだキーボードを見ないとパンチできません。
 もし英語配列の無刻印モデルを購入していたら、恐ろしいことになっていたと思います(^^;)。
 ちなみに英語配列キーボードをWindows7で利用する場合は、OSのキーボードの設定を変更する必要があります。メーカーからは簡単に切り替えできる「切替ツール」がダウンロードできます。

170325-03.jpg

 結局、購入はしてみたものの、いまだに使いこなせない自分がいます。
 キーの数が少ないので、109日本語キーボードなどでは単独で存在する多くのキーが「Fn」キーと同時押しで実現することになります。これは慣れるまではキー入力速度と正確さにおいて大きなネックになります。

 ただでさえ少ないキーに苦労しますが、英語配列に慣れない者が英語配列モデルを購入したことが輪をかけています。無謀な選択でした。日本語配列の刻印ありモデルにしておけばよかったかな〜と思うこともありますが、これから慣れていくしかありません(^^;)。
 日本語入力がメインなので、やはり日本語配列かな?と実感しています。

 という訳で、新しいキーボードの紹介でした。

posted by GECKO at 20:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ニュージーランド 10,138.0kHz JT65

 暖かい一日となりました。花粉も酷いですね(^^;)。
 本日は、夕方に少しだけ運用しました。

 17:30頃にリグのスイッチを入れると、7MHz帯の国内はそこそこの賑わいを見せていました。14MHz帯にQSYすると、海外コンテスト局がアジア圏を中心に入感していました。そこでJT65に移ってみましたが、こちらもアジア圏の局が入感・・・。コンディションが思わしくないので致し方ないですね。

 そこで10MHz帯のJT65にQSYすると、ニュージーランドが入感していました。コールすると一発でコールバックがあり交信成立となりました。
 このところ海外局との交信も少なくなってきていて、久しぶりの海外局との交信となりました。

<本日のDX>
10MHz JT65 New Zealand

posted by GECKO at 19:41| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)を受信。

 暖かい日となりました。
 イオノグラムを時々チェックしていましたが、コンディションはあまり良くない感じで、結局、交信ゼロとなりました。

 このところコンディションもよくないので、ここはひとつ弱い短波放送の電波をキャッチするBCLに走ろう(^^)とリグのスイッチを入れました。しかし常に短波放送を聴いている訳ではないので、状況がよく判りません・・・。
 そこで久しぶりに「JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)」を受信してみました。以前にこちらで記事にしています。
 その時は綺麗に受信できず画像が乱れています。もっとも初挑戦だったので、いろいろと調整がまずかったのかもしれません。170318-01.png
 JMHの周波数は複数ありますが、いずれもアマチュアバンドに近いところでUSBモードで送信されています。今回は18時台に、
3,620.60kHz
7,793.10kHz
13,986.65kHz

の3つの周波数をチェックしましたが、この時間帯では7,793.10kHzが+20dB位で入感していましたのでこの周波数でこちらのスケジュールに合わせて受信。結果は上の通りです。以前のものより断然綺麗に受信(出力)されました。

 ・・・それにしても、これだけの画像を受信(出力)するのに20分近くかかるのは、このインターネットの高速通信の時代にあってはイライラ感はあります。通信速度を求めてはいけないのでしょうけれど。
 しかし逆に趣はありますね。灯台放送のように放送終了にならないことを願うところです。

posted by GECKO at 20:26| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

まだまだいけるかTS-680V

 とても過ごしやすい土日となりました。コンディションもまずまずだったのでしょうか。

 さて再開局以来、常置場所や移動運用で使い続けているTS-680V(10W)ですが、移動運用先からモービルホイップでノイズに埋もれそうなほど弱い局から「UR 599 FB」と返ってくることが良くあります。10Wの電波がそんなに強く届いているのでしょうか。・・・それとも受信感度が悪くなった?

 このTS-680Vは、2010年の再開局の時に30k円ほどで購入したものですが、前のオーナーさんの取り扱いがよかったのかとても綺麗な状態で、もちろん動作も問題ありませんでした。
 再開局の直後はSSBを中心にこのリグで交信していましたが、本体のスピーカーからとてもよい復調音が出ていました。その後にTS-50Sを購入したのですが、本体スピーカーから出るSSBの復調音の差は相当なもので、SSBでは復調音の良さから、出力の小さいTS-680Vを好んで使ったほどです。170305-01.jpg
 先に述べましたようこのところ何となく感度が悪い感じがありますが、ハード面ではスライドボリュームが内部で折れて補習してあったり、前面パネルを固定するツメを破損(内部なので見えませんが)したりと、いろいろと怪我をしたり治療を受けたりしています(^^;)。
 その後はCWでの交信が増えましたが、このリグは移動運用でのCW運用でも活躍し、現在はRTTYやJT65も運用しています。実は常置場所には最近のリグもありますが、このリグほどの活躍はしていないと思います。もっとも、持ち出せないということもありますが。

 そんな何の不満もない・・・いや、むしろとても使いやすいTS-680Vですが、このところ移動運用の時にこの大きさが気になっています。持ち運びやセッティングが大変です・・・Hi.
 それとRTTYではASFKでの運用のためフィルターが効かないことがネックです。こればかりは致し方ありません。

 そんな訳でそろそろ引退して後進に座を譲る時期かもしれません。・・・でも後進がいないのです!さてどうしましょう。

posted by GECKO at 20:23| Comment(2) | TS-680V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする