toppicture-block_r.jpg

2019年08月17日

再開局からこれまでの交信状況(2019/8/17現在)

 台風一過とはならず、曇り空で暑い2エリアです。
 無線運用はというと、コンディションは時間帯によってはまずまずといったところで、本日も10MHzで多くの局が入感していました。しかしながら交信はたったの2局となりました。

 最近は交信数も伸び悩んでいますが、再開局(2010年3月)からこれまでの交信状況がちょっと気になったのでグラフにしてみました。
 全交信数は11,358。これらを「モード別」「バンド別」「エリア別」でグラフにしています。

 交信モードはぼぼCW専門で時々デジタルモードというスタイルですが、フォーン(SSB,FM,AM)での交信も僅かながらにあります。
 しかしフォーンで運用したのはかなり前で、ログで確認したら、交信モードごとの最終交信日は、SSBが2013/7/14,FMが2014/7/6,AMが2011/6/25、といったところで、もう5年以上フォーンでの交信はないことが分かりました(^^;)。

 お盆も終わり秋が近づいています。コンディションの向上を期待して、アクティブに行こうと思います。

190817-01.jpg

190817-02.png

190817-03.png

posted by GECKO at 21:58| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

KENWOOD(ケンウッド) KT-880 FM/AMステレオチューナー

 台風10号の影響で一部地域で大雨になった2エリアです。昨夜から今朝ににかけては暴風雨も強かったです。アマチュア無線の方は、昨日の台風接近前に10MHzで1局と交信、本日は10MHzで5局と交信しました。

 無線ネタもないので、先日、オーディオラックを清掃した際に古いチューナーを取り出し撮影したものがありますので紹介します。
 アマチュア無線とは受信つながり(^^;)ということで・・・。

190816-01.jpg

 写真は、KENWOOD(ケンウッド)の「KT-880」というFM/AMステレオチューナーです。驚くなかれ1985年(4アマの免許を取った頃!)に購入したもので、いまだに我が家では現役で活躍しています。
 こちらにKT-880を紹介したサイトがありました。オーナーさんTNX!

 一時期、真夏には40℃超え、冬場は氷点下になる倉庫に2年ほど片付けていたこともありますが全然平気です。とても堅牢です。いい仕事していますね。

 前身のTRIO(トリオ)・・・ではなくKENWOODなのは少し残念ですが(^^;)、ロゴは今と変わらず・・・Wの▼の部分が赤ではないですが。
 「QUARTZ SYNTHESIZER FM-AM STEREO TUNER」という表示が何となく歴史を感じさせられます。

190816-02.jpg


 周波数メモリーはAとBの2系統ありそれぞれ6チャンネルなので計12チャンネルです。FMとAMは独立しているので、FMとAMでそれぞれ12チャンネルですが、現在でもチャンネル数が不足することはありません。

 シグナルは6段階のLED。ステレオ放送を受信すると「STEREO」のランプが点灯します。現在はFMのモノラル放送はないので、このランプの意味はほぼなくなっています(^^;)。

190816-03.jpg


 「AUTO TUNING」のモードがあって、このモードでスキャンした場合は放送局を受信すると自動的に止まります。
 現在では当然の機能ですが、ダイヤルで針を動かすアナログチューニングからデジタルチューニングに変わったばかりの当時は、とても斬新な機能だったのです。

190816-04.jpg


 背面には75Ω(オーム)のFMアンテナの接続端子と、AMアンテナを接続する端子、さらに音声出力のRCA端子(L,R)が装備されています。AMアンテナの端子にはGND(アース)の記号が付いていますが・・・。

190816-05.jpg

 付属のアンテナも揃っています!

190816-06.jpg

 ラジオ離れが激しいようですが、インターネットがまだなかった頃は、ラジオは重要な役割を果たしていました。ラジオを聴くことも少なくなりましたが、まだまだ使えそうです。
 ただの「置物」にならないよう時々使ってやらないとね。

posted by GECKO at 21:49| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

道の駅雨晴(あまばらし)へ立ち寄りました。(富山県高岡市)

 猛暑が続いております。ここまで暑いと移動運用は躊躇してしまいます。おまけにコンディションもいまいちな状況で、常置場所からもすっかり無線運用が遠のいてしまっています(^^;)。

 そんな中で先日、めずらしく平日にお休みが取れ富山県へ行く機会がありましたので、高岡市の「道の駅雨晴(あまばらし)」へ立ち寄ってきました。

190811-01.jpg

 R415の雨晴海岸沿いにこの道の駅を見つけることができました。平日なので人が少ないのはグッドです!
 あらかじめネットで確認しておいたので衝撃は少なかった(^^;)のですが、この佇(ただず)まいは、よくある道の駅とは一線を画しています。

190811-02.jpg

 「本当にこれが道の駅なのですか?」と問われそうですが、「ええ、そうです。」と答えるしかありません(^^:)。

190811-03.jpg

 この道の駅の施設は、1階が情報館,2階がレストランと売店(お土産),3階が多目的ホールと展望台になっています。
 2階にはバルコニーっぽいところもありますが、さすがにこの猛暑で座っている人はいませんでした。
 富山湾が一望できる抜群のロケーションですね。

190811-04.jpg

190811-05.jpg

 眼下には「JR氷見線」がR415に並行して走っています。道を挟んだ向こう側に踏み切りがあり海岸へ出ることができます。
 このシチュエーションもなかなか。残念ながら海岸へは行きませんでしたが・・・(^^;)。

190811-06.jpg

 富山県とはいえ、この猛暑でこの日は35℃くらいあり展望台にいるのはちょっと辛い感じでした。むろん道の駅の施設内は快適です。
 次はこの猛暑が去った後の涼しい季節に、もう一度来たくなる素晴らしい道の駅です。

 帰りは東海北陸自動車道の「城端サービスエリア」へ寄って、バームクーヘンを買って帰ってきました。

190811-07.jpg

 撮影はNikonの「D40」でした。
 次は移動運用で富山へ行きたいですねぇ。

posted by GECKO at 19:54| Comment(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

QSLカードが届きました (2019年7月)

 先日、QSLカードが届きました。
 枚数はなんとたったの25枚(^^;)。さみしい限りです。ハムログでの受領もすぐに完了しますが、枚数が少ないと受領が楽だというメリット?はあります。

 届く枚数が少なくて感じたことは、届いた1枚1枚を丁寧に見ること・・・。意外な発見でした。数百枚届いていた頃は受領だけも大変で1枚1枚を丁寧に見ることが余りなかったように思います。
 丁寧に見ると、各局さんのQSLカードのへのこだわりを改めて感じますね。

 逆にこちらから送る枚数が多かった頃は自分のQSLカードのデザインなどあまり気にしていませんでしたが、少なくなってくるとちょっと凝ったQSLカードにしようかな?と思ったりします。

190728-01.jpg

 今回届いたカードの中に、フィジーのRotuma島からのものがありました。この時に交信したものです。
 海外局からのQSLカードは、これとイタリアからのものの計2枚でした。

posted by GECKO at 21:33| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

ノートPC(Getaway NE132)の使用状況

 コンディションが良くなく、台風が通過した2エリアです。無線運用はなしとなりました。ネタがないのでPC関係の記事です。

 以前に購入したGatewayのノートPC「NE132」ですが、その後にMMTTYをインストールしたりしましたが、実はなかなか活躍しています。

 このPCのスペックはこちらにあります。OSはWindows10です。

 移動運用などで使えるようサブPCとして購入しましたが、いまでもググるとユーズド品が2万円台でありますね。私もこれと同じユーズド品を購入しました。なかなかの美品でした・・・\(^^)/

190727-03.jpg

 そして、なんと最近は移動運用などの出先での使用としてではなく、わりとメインで使っていたりします。
 外付けモニターと外付けのワイヤレスキーボードとマウスを接続して使っていますが、一応、耐えられるレベルで使えています。190727-01.jpg
 というのも、これとは別にメインPCのデスクトップ機があるので、重たい処理やファイル保存はメインPC側で行っており、このノートPCは専らウェブ閲覧とメール送受信、その他にはこのブログを書くくらいしか使っていません。
 しかしほとんどがこのノートPCだけで事足りているということは、私のPC利用は、ウェブ閲覧とメール送受信とブログだけで7割くらいだというこです。(無線関係はメインPCで処理していますが)

 メインPCはWindows7で、2020年1月14日でサポートが終わってしまうので何らかの対応が必要ですが、自分のPCの利用状況からすると、このノートPCだけでもいいのかな?なんて思ったりしています。
(実は全く別の第3のPCで Mint Linuxも元気に動いていますし!)
 ただ画像表示やフォトレタッチソフトの処理が遅いことが難点。こればっかりはスペックがもろに影響してきます。

190727-04.png

 ということで、とりとめのない私のPC環境の話でした。明日のコンディションはどうなるのでしょうか。

posted by GECKO at 22:01| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

7〜50MHzの8バンドで交信達成!(CW)

 曇りで蒸し暑い日が続いています。
 この土日は珍しく、わりとシャックにいる時間が多かったですが、アマチュア無線運用に費やす時間がなかなかなく、本日の午前中のコンディションが良いタイミングで運用できました。

 特筆すべきは、1時間ほどの運用で8バンド交信したことでしょうか。

 スポラディックE層(Es)が出ていたので、ハイバンドを中心にワッチすると、50MHzから7MHzまですべてのバンドで交信が入感していました。順番に・・・ということではなく(^^;)、ランダムにバンドを選んで、強く入感する局に順次コールしました。190721-01.jpg
 すべてのバンドのアンテナがある訳ではありませんので、マッチングしないバンドはアンテナ・チューナーでマッチングさせることにしました。

 過去の経験上、Esが出ている時は、559(CWの場合)程度で入感する局であれば、こちらはかなり弱い電波でも届きます。むろん相手局の設備にもよりますが、無理やりアンテナ・チューナーでマッチングさせれば大丈夫です(^^)。
 そんな中で24MHzを皮切りに、

 24 → 18 → 21 → 28 → 14 → 7 → 10 → 50

の順に各1局ずつ交信し、8バンド交信を達成!です。すべてCWです。
 これらの交信は、おおむね1時間程度で達成できました。コンディションさえよければ、さほど難しいものでもないと思います。

 実は1年前にも同じことしているので(^^;)、珍しいことではないのですがね。まあ個人的な志向と自己満足の世界です。

 なかなか楽しめた運用でした。

posted by GECKO at 18:58| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

ライディング用デニム・ジーンズ 「コミネ WJ-732R」

 なかなか梅雨が明けない2エリアです。雨天が多く移動運用も消極的、固定からの運用するにもコンディションもあまり良くない状況・・・。
 今日は青空も出ましたが、突然のゲリラ豪雨の可能性もあってバイクに乗ることもできず・・・。
 そこで今回は「セーフティーグラス」,「ライディング・ブーツ」に続き、購入したライディング用のデニム・ジーンズの紹介です。

 コミネデニム・ジーンズ。夏用のメッシュではないです(^^;)。

190715-01.jpg

 実はバイク歴はわりと長い(実力はともかく!)のですが、いままでにライディング用のデニム・ジーンズを購入したことはありませんでした。ウィンター・パンツなどは購入していますが。

 今回は、人生初のライディング用のデニム・ジーンズとなりました(^^;)。

 ネット通販で注文し現物が届きました。さっそく着用してみたらジャストフィット!ちょっと裾が長め・・・。
 バイクに乗っている人なら分かると思いますが、かなり裾が長くてもバイクにまたがるとちょうどいい長さになるんですね。逆に普段ピッタリの裾の長さだと、バイクにまたがった時に裾が短くなってしまいます。

 光の加減で、色が異なって見える写真がありますが、ご了承下さい!どちらかというと、下の2枚が実際の色に近いです。

190715-03.jpg190715-04.jpg


 ライディング用なので、膝にプロテクターが入っています。少しやわらかいゴムのような素材です。ジッパーを下ろしてプロテクターを取り外すことが可能です。また別売りのハード・プロテクターに交換も可能です。
 実際に着用してみると、とても違和感があるので取り外して乗りたくなってしまいます。それではこれを購入した意味がないですが・・・(^^;)。

190715-05.jpg

 写真では分かりにくいですが、内側にはポケットがあります。通常の外側のポケットだと収納物が走行中に落下する可能性があるので、それを配慮して内側にポケットを装備した・・・のでしょうか。このポケットはウェスト(腰)パッドを装着するためのもののようです(^^;)。こちらのパッドです。ショルダー(肩)用ですがウェスト(腰)に装着することもできるようです。
 裾の裏側にはリフレクターが付いていて、裾をロールアップすると使用できます。夜間走行の安全性が考えられています。

190715-06.jpg190715-07.jpg


 今回デニムにしたのは、プロテクターを外せば普段着としもてほぼ違和感なく着用できるのではないか?と思ったからです。このようなデザインなので、普段着としてもほぼ違和感がないと思いますがいかがでしょうか(^^;)。

190715-02.jpg

 という訳で、ライディング用のデニム・ジーンズの紹介でした。まだ実戦では使用していませんので、機会があればレビューをレポートします。
 とりあえず、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

 あとこのデニム、夏は暑いかも・・・ですね。

posted by GECKO at 20:10| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

6m AND DOWN コンテスト でナンバー交換

 この土日は「第49回 6m AND DOWN コンテスト」が開催されました。本日9:00から11:00の2時間ほどですが、コール側のみで参加しました。

 50MHz以上は、地上高が10mほどの50/144/430MHzの3バンドのGPアンテナが1本立ててあるのみ。あまりFBなアンテナではないので、この時点で固定局からの運用は限界を感じてしまいます・・・。
 しかし移動運用する十分な設備もないので、例年通りエアコンの効いた快適なシャック(^^)からの運用となりました。

 リグは、超〜久しぶりのIC-706MKUGです。
 久しく第一線から退き、放置状態でしたが、何とか無事に電源は入りました。長らく使っていないのでSWRレベルの表示方法など忘れてしまい、説明書を引っ張り出してきたという忘却ぶりです・・・。

190707-01.jpg

 まずは144MHzのCWをワッチすると、2〜3局のCQが聴こえていました。このコンテストにあっては毎回、大抵同じような状況です。順次コールしました。
 これまでに交信したことのある局が多いですが、その中で3エリアからのCQを見つけました。ハムログでチェックすると、なんと2010年に7MHzのSSBで交信いただいた大阪府の局でした。
 144MHzのCWで再会です!
 コンテストナンバーを送って交信は終わりですが、この大阪府のOMさんも同じことを感じられたかもしれません。当時の私はまだCWができずSSBばかりでしたので、特に感慨深いものがあります。
 それにしてもVHFの地上波で大阪府まで届くとは・・・。

 ・・・と感動に浸っていましたが、その後には144MHzのCWで和歌山県と福井県、更には徳島県の局ともナンバー交換できました。
 大阪府で驚いていましたが、さらに遠方の徳島県まで飛んだのは意外でした。
 3バンドのグランドプレーンでも144MHzはよく飛んでいくものですね。もっとも、相手局のアンテナがFBでそれに助けられた形ですが。

 結果、9局とナンバー交換できました。内容は、50MHzが1局,144MHzが7局,430MHzが1局、すべてCWです。短い時間でしたが、何とか参加できたので良しとしましょう!

<本日の結果>
50MHz CW 1局
144MHz CW 7局
430MHz CW 1局

posted by GECKO at 19:33| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

オリンパス PEN EE-3 のモルト交換

 雨の一日でした。今日は午前中から遠出していて、アマチュア無線運用はなしでした(^^;)。

 以前よりこのブログで紹介しているオリンパスのフィルムカメラ「PEN EE-3」ですが、写りが良くない原因がモルトの劣化・・・かどうかは判りませんが、かなり劣化していましたので自力で交換しました。
 おそらくこのカメラの製造時のモルトの状態のまま、交換されていないと思います。

 交換モルトはアマゾンで購入しました。PEN EE-3 用の交換モルトが販売されていてちょっと驚きです。そして交換方法はネットの情報から得ました。

 あまりきれいではありませんが、写真の左が交換前、右が交換後です。

 交換前190629-02.jpg 交換後190629-04.jpg
 交換前190629-03.jpg 交換後190629-05.jpg


 上記以外に、裏蓋を開けたフィルム室の枠の溝にもモルトが貼られていましたので、ここも交換しました。190629-01.jpg
 こちらについては交換後の写真を撮り忘れましたが、どっちにしても写真ではわからない狭い溝の間です。ここの交換はとてもむずかしく雑になってしまいましたが、雑なままです(^^;)。
 すべてのモルトを交換したら、裏蓋の閉まりが少々きつくなった感じ。裏蓋でモルトを押し潰すような感じになっています。単に、モルトの貼り付けが甘いだけかもしれませんが、まあ大丈夫でしょう・・・と勝手に判断です。

 モルトが交換できたので、新たにフィルムを買ってきました。24枚撮りですが、PEN EE-3 はハーフカメラなので48枚撮影できます。
 今回はISO100です。意識的にそうしたのではなく、間違って買ってしまいました(^^;)。とりあえずこのフィルムをセットして撮影しようと思います。

190629-06.jpg

posted by GECKO at 21:36| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

カブでツーリング!

 蒸し暑い一日でした。アマチュア無線運用の方はなしとなりました。

 その代わりと言っては何ですが、日中にちょいと本屋へ出かけ、無線関係の雑誌を探したりしましたが、その前にちょいとバイク関係の雑誌を見ていると目に止まったのが「モーターサイクリスト」の7月号。
 しかも本体ではなく付録の方です・・・。そのタイトルは、

 Honda Super Cub Touring Book
 (ホンダスーパーカブ ツーリングブック)

 私にとって、なんというタイムリーな企画! もちろん買いましたよ\(^^)/。

190623-01.jpg

 ネタバレになるので記事の内容については述べませんが、ますますカブの魅力に取り憑かれてしまう内容です(^^;)。
 110ccや125ccのカブは運転するのに小型二輪免許は必要ですが、車体価格は30万円前後(機種による)で維持費も低い。それでいてキャンプやツーリングなど大型バイクと同等の楽しみ方もできる・・・。なかなかのバイクです。
 これまでは、走行しているところを見かけてもあまり気に留めなかったカブですが、最近は気になりますね。

 それにしても・・・。「モーターサイクリスト」を購入したのはものすごく久しぶりです。

モーターサイクリスト 2019年7月号
モーターサイクリスト 2019年7月号
posted by GECKO at 20:46| Comment(0) | 自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする