toppicture-block_r.jpg

2018年07月15日

7〜50MHzの8バンドで交信達成!

 昨日に続いて猛暑の一日でした。本日はシャックにこもりっ放しで、いろいろとやりたいことをしていました。

 朝の9:00過ぎには、昨日と同様に強力なEsが発生していました。昨日はタイムオーバーで8バンド交信はなりませんでしが、本日は時間もあるのでチャレンジ(というほどでもないですが)しました。
 すべてコール側、すべてCW、ということで始め、9:30過ぎにまずは24MHzでCQ局を見つけて交信。昨日もそうですが最初の交信は24MHzです。このバンド、なぜか好きなんですよね。普段は静かなのにEsが発生すると結構賑やかになるバンドです。

 次に21MHzで交信。このバンドはEsが出ても24MHzより運用者が少ない感じ・・・。DXバンドというイメージが強いのでしょうか。

 その後は、28MHz,18MHz,10MHz,14MHz,7MHzで無事に交信・・・。最後にVHFの50MHzだけが残ってしまいました(^^;)が、ちょうどEsも弱まってしまっていて、昨日は入感していた7エリアのビーコンや、6エリア,8エリアのビーコンもまったく入感しない状況・・・。しかしSSBやラジオテレタイプでは6エリアや8エリアの局の交信が聴こえていたので、パスはあったようです。
 ・・・しかしCWは誰もCQを出していません(++;)。
 そんな状況の中、しばらくすると50MHzのCWでCQを出している局を遂に発見!交信できました。

 結果、7〜50MHzの8バンドで、すべてCWで交信できました(^^)。交信いただいた各局さんTNX!

posted by GECKO at 17:35| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

強いEsが発生し5バンドで交信

 とても暑い一日でした。全国各地で猛暑となったようです。
 当地も例外ではありませんでした(++;)。

 本日は午前中に、いつも情報を提供いただく7エリアのOMさんから、Esが発生していてコンディションがFBだという情報をいただきました(VY TNX)。早速イオノグラムをみてみると、臨界周波数が25MHzを超えていました。180714-01.png
 これは大変!(^^)ということで、リグのスイッチを入れて各バンドをワッチすると、50MHzでは7エリアのビーコン(JE7YNQ 50,027kHz)が559程度で入感、千歳市のビーコンも539程度で入感していました。

 興味があってCB無線の1〜8CHをチェックしてみると、ものすごい混信。同じチャンネルで複数の交信が行われているチャンネルもありました。

 以前に強いEsが出ていた時に、8バンドで交信したということがありましたが、今日もそのパターンかな?と思いましたが、午前中に遠方へ出かける所用があり、時間が足りなさそうな予感でした。
 もたもたしている間に時間が経過し、運用できる時間が30分程になっていました。

 必至に各バンドのCQ局を追いかけ、10:30過ぎに 24MHz での交信に始まり、28MHz50MHz21MHz18MHz の順に約20分間で5局との交信を達成、この時点で外出の11:00が迫り交信終了しなければならず、8バンド交信は達成できず残念な結果となりました。
 時間が十分あれば、残りの 14MHz,10MHz,7MHz は間違いなく交信できたと思います!

 なお8バンド交信のアンテナですが、当無線局は、7MHz,10MHz,14MHz,18MHz,21MHz の5バンドのダイポールがあります。一部は給電点を共用化していて、結構いい加減な造りです・・・Hi。
 そしてなんと、7MHzのフルサイズのダイポールに 50MHz がバッチりマッチングします。よってマッチングしないのは24MHzと28MHz。これらのバンドはチューナーでごまかして?います。

 明日のコンディションはどうでしょうか。8バンド+3.5MHzで9バンド交信・・・なんてことは欲張りすぎかもしれませんね。

posted by GECKO at 19:52| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

C5600とC501からの脱却!?

 とても暑い一日でした。本日は19:30頃にイオノグラムを確認するとEsがよく発達していました。リグのスイッチを入れると案の定、14MHzで1エリア,18MHZで0エリアや9エリアなどの近距離が入感していました。
 お隣の9エリアの局と18MHzで交信できました。
 交信後にログを確認したところ、これまでに9エリアの局と18MHzでの交信はたったの6交信しかなく、気がつけばわりと貴重な交信でした。

 話は変わります。

 当無線局にはこのブログで何度も登場している「C5600」と「C501」という2台の古い無線機が、主に「広域受信機」として活躍しています。
 いずれも20年以上前の無線機で、'95年から約15年間のQRT中は物置に放置されながらも、2010年に復活を果たしたタフな2台です(^^;)。
 こんなに長期間、電源を一度も入れることなく、過酷な環境に保管していましたが、10年後、まったく壊れることなく快調に動作したことには少々感動しました。これは構造がシンプルだからなのかも知れません。
 そんな中、最近の無線機や広域受信機に比べ、「メモリーは少ない」「スキャンは遅い」「大きい」おまけに「受信できる周波数範囲が狭い」といったデメリットが目立っています。
(といいつつ最新の無線機や広域受信機は所有していませんが)
 そんな訳で、これらの2台は本来の用途である「無線機」になってもらい(それにしても古すぎる)、新たに広域受信機を購入したいと思ったりしています。

 余談ですが'85年の最初の開局の頃は、VHFやUHFのアナログで消防や防災や救急など多くの交信を受信することができましたが、徐々にデジタル化が進み、遂には消防や救急までデジタル化されてしまいました。
 今後は更にデジタル化が進みそうですが、エアバンドと国際VHFだけはアナログのまま残って欲しいところです。
 
180701-01.jpg

180701-02.jpg

180701-03.jpg
posted by GECKO at 21:37| Comment(0) | Rig(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

無線運用のアクティビティーの低下

 暑い一日でした。本日は所用で出かけなければならず、無線運用は「第59回 ALL ASIAN DXコンテスト」でUSAの局とナンバー交換したのみ。たった1局で終了となりました。180617-01.jpg
 このところの無線運用のアクティビティーの低下は著しいものがあります。2010年の再開局当初のレベルにまで落ち込んでしまいました。
 コンディションが悪いこともありますが、個人的な事情もあります。特に移動運用がすっかり減ってしまったことが交信数が伸びない大きな理由です。いやはや何とかしなければ。

<本日のDX>
7MHz CW United States of America

posted by GECKO at 22:57| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

FIFA記念局 と ALL ASIAN DX Contest

 晴天で気温もそれほど高くなく、清々しい一日となりました。
 このところ少しばかり無線運用から遠のいていますが、本日は夕方に少しだけ運用しました。本当に少しだけ・・・で、先に結果を述べますと、成果は3局で、7MHzのCW,18MHzのCWとRTTYといったところです。

 この中のRTTYの局は、各国から運用されているワールドカップの記念局の中の1局で香港の局でした。サフィックスは「FIFA」でした。

 WARCバンド以外では「第59回 ALL ASIAN DXコンテスト」が開催されていますが、コンディションが良くないせいか、あまり聴こえてきませんでした。
 このコンテストはナンバーがRST+年齢(YL局は00でもOK)というユニークなもの。7MHzでは59920といった若いオペレーターの局もありました。
 こちらのコンテストではグアムの局と7MHzでナンバー交換しました。もう1局はコンテスト外で、18MHzのCWで8エリアの局と交信でした。

 たった3局なのに「無線をした感」があります。このところ運用から遠のいていたからですね。

<本日のDX>
18MHz RTTY HongKong (Football World Cup 2018)
7MHz CW Guam (ALL ASIAN DX Contest)

posted by GECKO at 21:04| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

オリンパス ペン EE-3 にフィルムをセット

 暑い一日でした。ちょっと蒸し暑い感じ・・・。そろそろ梅雨入りも近い感じです。無線の方は運用なしとなりました。

 さて今回もカメラネタです。前回の記事で書きました、オリンパスの「ペン EE-3」にフィルムをセットしました・・・。が、その前にフィルムの購入について。これには結構苦労しました。
 近所に大手のカメラ屋さんがないため、地元密着型のカメラ屋さんを回りましたが、そのうち2軒は休業(廃業?)、1軒はフィルムの販売なし、なんと4軒めでやっと24枚撮りが購入できました。180609-01.jpg
 購入できたのは写真の「FUJIFILM 記録用フィルム400」というフィルムですが、なんとも地味なパッケージです。
 ここ10年以上・・・いや20年近くフィルムを購入していませんが、ここまで入手困難な状況に陥っているとは思いませんでした。
 ネット通販ならばすぐに購入できるのでしょうが・・・。180609-02.jpg
 そしてパッケージを開けると、円筒形のプラスチックの中からフィルムが出てきました。これも20年ぶりくらいに手に取ったと思います。とにかく長年、フィルムとは疎遠な生活でした。

 フィルムは用意できたので、次はカメラへのセットです。一応、はるか昔にフィルム式カメラを使っていたので大体は勘で分かるのですが、壊してしまう(^^;)といけないので、動画投稿サイトに公開されているEE-3へのフィルムのセットの動画を観て確認しました。

 まずは本体の裏ぶたを開け、

180609-03.jpg

 フィルム巻き戻しクランクを持ち上げてフィルムをセット。フィルムを少し引っ張り出して右側のスプールに差し込んで、
(クランクを下ろし忘れてます・・・Hi)

180609-04.jpg

 ダイヤル状の巻き上げツマミでクルクル巻き取った後に、巻き戻しクランクで少し逆に回してたるみを取る。スプロケット(ギア)がきちんとフィルム送り穴にはまっているか確認。

180609-05.jpg

 問題なければ裏ぶたを閉じて完了。フィルムの使用量がゼロになっています。このアナログ式のフィルム残量計がグッド!

180609-06.jpg

 最後に、フィルムの感度に合わせてダイヤルをセットして完了!ここではフィルムの感度400にセットしました。

180609-07.jpg

 これで準備はOK。早速、撮影に出かけよう!

180609-08.jpg

 こんな感じでフィルムをセットしましたが、ちゃんと撮れるのかどうか・・・。24枚撮りのフィルムですが、1枚の撮影で半コマしかフィルムを使わないので48枚も撮れる・・・。
 フィルムだから1枚1枚の撮影をきちんと撮ると、48枚を撮り切るのにかなり時間がかかりそうです。

 結果は改めてということで。

posted by GECKO at 19:38| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

オリンパス ペン EE-3

 暑い一日となりました。本日はたくさんのコンテストが開催されていたようでしたが、いろいろ事情があって参戦できずじまいとなってしまいました。

 さてこのブログもアマチュア無線ネタ一辺倒から、徐々に管理人(GECKO)のその他の趣味の話題へネタが広がりつつあります・・・。
 今回は取っておき?のカメラネタです(^^;)。期待しないでお読み下さい。

 さて過去に「デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)選び?」といった記事を書いておりますが、いろいろとネットで物色・検討・研究を進める中、一台のカメラに辿り着きました。それは、

 オリンパス ペン EE-3(OLYMPUS PEN EE-3)

です。最新のデジタル一眼レフカメラとは対極をなす、ファインダーを覗いて撮るだけのフィルム式カメラです。
ネットで見つけて思わず購入してしまいました。
(最新のデジイチを買うのではなかったの?というツッコミはさておき・・・)
 オリンパスのペンについてはこちらに詳しく書かれていますが、私が購入したEE-3は1973年から1986年に製造販売されたモデルです。
 同じ名前のデジカメもありますね。


180603-01.jpg

 最近は高性能なデジイチが注目される一方、アラフォーからアラフィフ世代の方には懐かしの「写ルンです」が若い人達にも人気があるそうです。
 そんな中でこの「オリンパス ペン EE-3」でググってみると、たくさんのサイトやブログがヒットします。
 YouTube動画もたくさんあり、少々驚いた次第です。

 無線機では、いまだに古いTS-680VやC5600といったリグを好んで使っていますが、なぜかこういったノスタルジック感満載のものが好きだったりするのです。詳細は改めてということで。

posted by GECKO at 22:10| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

スウェーデン 18,082.0kHz CW

 暑い一日となりました。このところの土日は、シャックでじっくりと無線運用するという時間がなかなか取り難い状況となっています(^^;)。
 むろん、個人的な事情ですが・・・。

 そんな中、夕食を済ませたの20:00前に18MHz帯をワッチすると、上の方の周波数ではSSBで8エリアの局がたくさん入感しました。2010年に再開局したばかりの頃は、18MHz帯のSSBでたくさん交信していたことを思い出します。
 この時期の18MHz帯といえば、8エリアとのSSBでの交信のイメージが強烈なインパクトとして残っています。

 そして次に下の方の周波数のCWをワッチしますが入感なし。SSBとは運用人口の違いを感じることができます。やはりCWは少ないですね・・・。

 更に下の方へQSYすると、18,082.00kHz付近でRSTが559程度の信号が入感・・・。8エリアの局かな?と思いきや「S」で始まるコールサイン。QRZ.comで確認するとなんとスウェーデンの記念局!なんという電波の強さ!
 コールすると一発でコールバックがあり交信が成立しました。
 このEsシーズンにスウェーデンって本当?と懐疑的(^^;)ですが、とても強力だったので、いわゆるグレイラインパスだったのかな?なんて思ったり・・・。
 そういうパスもあるのですね。

 久しぶりの北欧との交信となりました。

<本日のDX>
18MHz CW Sweden

posted by GECKO at 20:20| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

デジタル一眼レフカメラ(デジイチ)選び?

 昨日と同様に晴天の爽やかな一日となりました。
 今日はいろいろとあって無線運用はゼロとなってしまいました。なんだか最近は資格やカメラやサーバーなど、少し無線からかけ離れた記事が多くなってしまいました。・・・そこでダメ押しでカメラネタを。

 昨日の記事に書きましたよう、これまで使ってきたデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)D40もわりと老朽化してきた感があり、そろそろ買い替え時かな?といったところですが、本日、たまたま大手家電量販店へ行くことになったので、デジタルカメラのコーナーで色々物色してきました(^^;)。
 やはり次もニコンが候補に挙がるのですが、店頭に置いてあるニコンのデジイチの見ているとその中に5600の文字が・・・。あのC5600と同じ愛着のある5600という数字・・・。
 「5600」という型番という理由だけで欲しくなってしまいます(^^;)。
 わりと単純な性格です・・・Hi。

 ニコンも含めて、数点のパンフレットをいただいて来ました。

180520-01.jpg


 デジカメということでいうと、実はコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)も持っています。180520-02.jpg
 カシオのEX-Z2000というコンデジですが、最近はほぼ使うことがなくなりました。というのも、本格的に撮る時はデジイチ、記録としてラフに撮る時はiPhoneで撮るようになったからです。
 ・・・そんな中、先日カシオがコンデジから撤退するというニュースも飛び込んできてショックを受けたところです。

 ・・・話が反れました(^^;)が、センサーサイズや画素数、レンズマウントなどなど、そしてデザインと型番?(←結構こだわる性格)、さらには最近主流のミラーレスもあり、デジイチを選択するための要素がありすぎて機種選定の決定打がありません(^^;)。いろいろ研究しないといけませんねぇ。
 とりあえずは、エントリー機かミドルクラス機といったところでしょうか。ハイエンド機など10年早いです・・・Hi.
 
posted by GECKO at 18:07| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

古いカメラの入門書で勉強中!?

 晴天の爽やかな一日でした。
 時折イオノグラムをチェックしていましたが、コンディションの方はEsが出たり消えたり目まぐるしく変化したように思います。10MHzと18MHzそして24MHzで計6局と交信しました。
 最近の運用状況にあっては、6局でも交信数は多いほうです(^^;)。

 そんな状況ですので、相変らずこれといった無線運用ネタがなく・・・シャックの本棚で、無線関係の本に囲まれて居心地が悪そうに並んでいるカメラの入門書を紹介します。
 そのカメラの入門書は「超入門35mm一眼レフカメラ」という古い書籍です。なんと発行年を見たら2002年でした。デジタル式ではなくフィルム式カメラを対象とした入門書です。180519-01.jpg
 カメラについてはまったくの初心者ですが、当時、一眼レフカメラに興味があり購入したものです。
 しかし結局、当時は一眼レフカメラは購入することなく、時代はデジタルが主流になっていた2009年にニコンのD40を購入しましたが、この本はその頃は既にお蔵入り?になっていました。

 ところが初心者用のD40であっても、プログラムオートばかりで機能や設定のほとんどを使いこなせていないことを反省し、改めてこの本を開いた次第ですが、いまさらながら色々と発見があります。
 フィルム式であろうがデジタル式であろうが撮影技術は同じですからね(^^;)。

 D40もいよいよ買い替え時・・・。でも腕が伴っていませんので、もう少し腕を上げてからにします。
 
posted by GECKO at 21:27| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする