toppicture_ts680v_3.jpg

2017年03月25日

Happy Hacking Keyboard Professional2(HHKB)を使ってみる。

 暖かい日となりました。しかしコンディションは相変らずですね。
 夕方に14MHz帯をワッチしましたが、CWで台湾が入感、JT65ではEUが-20dB程度の強さでスイスなどが入感していましたが、コールせずじまいとなりました。いやはや・・・。

 そんな訳で、前回に続きキーボードネタの第2弾です!

 今回紹介するのは少し前に購入した、PFU社の「Happy Hacking Keyboard」シリーズの「Professional2」モデルの 白色(英語配列)です。170325-01.jpg
 「ハッピー・ハッキング・・・」怪しげな名称ですが、このキーボードは少々高額・・・いやかなり高額(^^;)なので、購入にはかなり思い切りが必要です。
 それでいて独立したテンキーもなくファンクションキーもないので不便極まりない?キーボードですが、それを以ってしても購入する価値のあるキーボードだと個人的には判断したためです。

 どんなキーボードかは「HHKB」などでググってみて下さい!

 購入にあたっては、墨カラーの無刻印モデルにするか、刻印ありモデルにするか。また日本語配列モデルにするか英語配列モデルにするか・・・結構悩みました。何しろ高額なキーボードなので・・・。

 まずキー配列については英語配列モデルにしました。
 というのも日本語配列モデルはキーが多すぎて見た目があまりかっこよくありません(個人的見解ですが)。
 見比べてみて下さい。日本語配列モデル 英語配列モデル
 結構、見た目で選ぶ性格なのです。しかしこれが後に仇となることに・・・。

 次に無刻印モデルか刻印ありモデルかについて。
 日本語配列ならばともかく、英語配列は記号などのキーの位置が日本語配列とは異なります。よって、ローマ字日本語入力はほぼ問題ないもものの、記号を入力する際に指が迷子になること必至です(^^)。よって刻印ありモデルにしました。しかも白色で。

170325-02.jpg

 使用感については、パソコンに付属してきたメンブレン式の安価な(失礼!)キーボードとは明らかに違うことは、キー入力した瞬間に実感できます。
 いわゆる「メカニカルキーボード」とも違う独自のタッチだと思います。
 キーのガタつきも少なくカタカタと心地よい音と共に軽快に入力できます。異次元のタッチ・・・というのは大げさですが、タッチは素晴らしいの一言です。
 キーボードなんてどれも同じ、980円のキーボードで十分・・・という考え方が間違っていることを実感できます。
 (動画サイトでもこのキーボードを紹介した動画がたくさんあります)
 造りもしっかりしていて、電鍵と同様に一生モノになるかも知れません。

 ただ英語配列なので、記号のキーの場所の違いは日本語配列に慣れきった指先だと結構大変です。特にカッコ「()」はキーひとつ分ずれていますし、アスタリスク「*」もまったく位置が異なるので要注意です。
 無意識に右小指で「*」をパンチしたつもりが「’」が表示されてしまいます(++)。英語配列はまだまだキーボードを見ないとパンチできません。
 もし英語配列の無刻印モデルを購入していたら、恐ろしいことになっていたと思います(^^;)。
 ちなみに英語配列キーボードをWindows7で利用する場合は、OSのキーボードの設定を変更する必要があります。メーカーからは簡単に切り替えできる「切替ツール」がダウンロードできます。

170325-03.jpg

 結局、購入はしてみたものの、いまだに使いこなせない自分がいます。
 キーの数が少ないので、109日本語キーボードなどでは単独で存在する多くのキーが「Fn」キーと同時押しで実現することになります。これは慣れるまではキー入力速度と正確さにおいて大きなネックになります。

 ただでさえ少ないキーに苦労しますが、英語配列に慣れない者が英語配列モデルを購入したことが輪をかけています。無謀な選択でした。日本語配列の刻印ありモデルにしておけばよかったかな〜と思うこともありますが、これから慣れていくしかありません(^^;)。
 日本語入力がメインなので、やはり日本語配列かな?と実感しています。

 という訳で、新しいキーボードの紹介でした。

posted by GECKO at 20:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ニュージーランド 10,138.0kHz JT65

 暖かい一日となりました。花粉も酷いですね(^^;)。
 本日は、夕方に少しだけ運用しました。

 17:30頃にリグのスイッチを入れると、7MHz帯の国内はそこそこの賑わいを見せていました。14MHz帯にQSYすると、海外コンテスト局がアジア圏を中心に入感していました。そこでJT65に移ってみましたが、こちらもアジア圏の局が入感・・・。コンディションが思わしくないので致し方ないですね。

 そこで10MHz帯のJT65にQSYすると、ニュージーランドが入感していました。コールすると一発でコールバックがあり交信成立となりました。
 このところ海外局との交信も少なくなってきていて、久しぶりの海外局との交信となりました。

<本日のDX>
10MHz JT65 New Zealand

posted by GECKO at 19:41| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)を受信。

 暖かい日となりました。
 イオノグラムを時々チェックしていましたが、コンディションはあまり良くない感じで、結局、交信ゼロとなりました。

 このところコンディションもよくないので、ここはひとつ弱い短波放送の電波をキャッチするBCLに走ろう(^^)とリグのスイッチを入れました。しかし常に短波放送を聴いている訳ではないので、状況がよく判りません・・・。
 そこで久しぶりに「JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)」を受信してみました。以前にこちらで記事にしています。
 その時は綺麗に受信できず画像が乱れています。もっとも初挑戦だったので、いろいろと調整がまずかったのかもしれません。170318-01.png
 JMHの周波数は複数ありますが、いずれもアマチュアバンドに近いところでUSBモードで送信されています。今回は18時台に、
3,620.60kHz
7,793.10kHz
13,986.65kHz

の3つの周波数をチェックしましたが、この時間帯では7,793.10kHzが+20dB位で入感していましたのでこの周波数でこちらのスケジュールに合わせて受信。結果は上の通りです。以前のものより断然綺麗に受信(出力)されました。

 ・・・それにしても、これだけの画像を受信(出力)するのに20分近くかかるのは、このインターネットの高速通信の時代にあってはイライラ感はあります。通信速度を求めてはいけないのでしょうけれど。
 しかし逆に趣はありますね。灯台放送のように放送終了にならないことを願うところです。

posted by GECKO at 20:26| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

まだまだいけるかTS-680V

 とても過ごしやすい土日となりました。コンディションもまずまずだったのでしょうか。

 さて再開局以来、常置場所や移動運用で使い続けているTS-680V(10W)ですが、移動運用先からモービルホイップでノイズに埋もれそうなほど弱い局から「UR 599 FB」と返ってくることが良くあります。10Wの電波がそんなに強く届いているのでしょうか。・・・それとも受信感度が悪くなった?

 このTS-680Vは、2010年の再開局の時に30k円ほどで購入したものですが、前のオーナーさんの取り扱いがよかったのかとても綺麗な状態で、もちろん動作も問題ありませんでした。
 再開局の直後はSSBを中心にこのリグで交信していましたが、本体のスピーカーからとてもよい復調音が出ていました。その後にTS-50Sを購入したのですが、本体スピーカーから出るSSBの復調音の差は相当なもので、SSBでは復調音の良さから、出力の小さいTS-680Vを好んで使ったほどです。170305-01.jpg
 先に述べましたようこのところ何となく感度が悪い感じがありますが、ハード面ではスライドボリュームが内部で折れて補習してあったり、前面パネルを固定するツメを破損(内部なので見えませんが)したりと、いろいろと怪我をしたり治療を受けたりしています(^^;)。
 その後はCWでの交信が増えましたが、このリグは移動運用でのCW運用でも活躍し、現在はRTTYやJT65も運用しています。実は常置場所には最近のリグもありますが、このリグほどの活躍はしていないと思います。もっとも、持ち出せないということもありますが。

 そんな何の不満もない・・・いや、むしろとても使いやすいTS-680Vですが、このところ移動運用の時にこの大きさが気になっています。持ち運びやセッティングが大変です・・・Hi.
 それとRTTYではASFKでの運用のためフィルターが効かないことがネックです。こればかりは致し方ありません。

 そんな訳でそろそろ引退して後進に座を譲る時期かもしれません。・・・でも後進がいないのです!さてどうしましょう。

posted by GECKO at 20:23| Comment(2) | TS-680V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

RTTYのみで47都道府県との交信を達成!

 晴天の一日となりました。コンディションは相変らずです。
 本日は「第25回広島WASコンテスト」が開催されいるようでしたので午後にワッチしてみると、7MHz帯で CQ WAS TEST が入感していました。
 このコンテストのコンテストナンバーは、広島県以外から運用する局は運用地のグリッドスクエアナンバーの上位4文字を送るというものです。7MHz帯のCWでCQ局を見つけて呼び回りしました。

 さて話は変わりますが、RTTYを始めて2年半ほど経過しましたが、先日やっとのことでRTTYのみで47都道府県との交信を達成しました。アワードでいうところのWAJAです。いやはや随分と時間がかかったものです。
 最後にRTTYで交信した県は徳島県でした。170226-01.png
 左は都道府県ごとの交信数の棒グラフにしたものです。
 このところ、個人的にはRTTYも運用が減ってきています。やはりこのコンディションの悪さが影響していますが、とりあえず自分の中ではひとつの通過点となったことは確かです。
 ちなみにRTTYでの国内局との交信数は現時点で853交信で、交信局数は414局となっています。

 まだコンディションの向上は期待できない感じですが、徐々にJCCやJCGを増やしていければと思っています。

posted by GECKO at 20:16| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

JT65による交信のRST欄の記載

 暖かい一日となりました。
 何となく春めいてきた感じがしますが、コンディションは相変らずですね。本日は午前中に、とある場所から少しモービル運用しました。7MHz帯のCWとRTTYですが、近距離の1,3,9エリアなどが入感していましたが、それより遠方のエリアはほとんど入感しない状況でした。

 そんな訳で、運用ネタではなくJT65のRST欄の記載ネタです。

 このところJT65での交信も増えてきましたが、JT65では相手局の信号強度をRSやRSTといった形ではなくdB(デシベル)で送ることは運用されている方ならご存知のこと思います。
 交信時にdBでレポートを送りますので、当然、交信証(QSLカード)にもRSTではなく「-15」といったdBで記載することになります。ハムログの場合はRST欄に「-15」というように入力すればそのように印刷されますが問題は項目名のところで、項目名のところが「RST」のままで内容が「-15」というのは違和感があります。

 JT65で交信いただいた各OMさんから送られてくる交信証を見ると、「RST」の表示を「Report」に変更して内容に「-15dB」と記載されているパターンや、「RST」の表示を「dB」に変更して内容に「-15」と記載されているパターンなどがありますが、私は後者にしています。
 ハムログの印刷定義では以下のように条件分岐を設定しています。
 (JT9も同様なので分岐条件に含めています)

? Data7! "JT65";     ←モードがJT65以外
? Data7! "JT9";      ←モードがJT9以外
#Print 990, 215, "RST"  ←「RST」を表示
? Data7 "JT65";      ←モードがJT65
#Print 995, 215, "dB"   ←「dB」を表示 
? Data7 "JT9";      ←モードがJT9
#Print 995, 215, "dB"   ←「dB」を表示

 これがいいやり方なのかどうか判りませんが、一応これで印刷できています。JT65やJT9で交信の場合のRST欄の記載には工夫が必要ですね。

posted by GECKO at 21:04| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

アナログビデオ映像を「GV-USB2」でデジタル化する。

 寒い一日となりました。コンディションは一時期の状況と比べればよくなっている感はありますが、先週の突然の10MHz帯近距離入感やEsによる18MHzの近距離入感のような状況はなかったようです。

 そんな訳で、無線以外のネタです(^^;)。

 自宅には以前に録画したVHSのビデオテープがたくさんありますが、もはや観ることもないので、ビデオデッキ共々処分したいと考えまていました。
 ところがネット上には、古いテレビ番組の録画は大切に・・・といった趣旨のページも見かけたので、処分前にパソコンにデジタル化して取り込んでおこうと思い、アイ・オー・データの「GV-USB2」を購入しました。
 いや、それでも処分するかどうかは判りません。なんといってもアナログ放送のアナログ録画ですからね(^^)。

 10年位前までは、パソコンでビデオキャプチャーするにはSCSI接続などが必要でしたが、USBポートの速度も上がりパソコンの能力も向上したことで、USB接続だけで可能となっています。
 私のような旧人類には驚くべきことです・・・Hi.170212-01.jpg
 箱の中には下の写真のようなケーブルと、これ以外にソフトウェアのCDと取扱説明書が入っています。
 出力側の映像端子は「コンポジットビデオ入力」と「Sビデオ入力」に対応しており、音声端子は外部ライン入力に対応しています。
 取扱説明書に従ってセットアップしましたが、なぜかデスクトップパソコン(Windows7)では原因不明でドライバーのインストールが上手く行かず・・・。やむなくノートパソコン(Windows10)にセットアップしました。
 こういった本筋でないところで躓くのは苦しいところです。他のソフトウェアとコンフリクトを起こしたのでしょうか・・・。

170212-02.jpg

170212-03.jpg
 ビデオデッキは東芝の「ARENA」(SD-V400)というDVDプレイヤーと一体になったモデルです。いやはや何年前のモデルでしょうか。
 現在でも問題なく動作します。
 ビデオデッキの出力端子とパソコンのUSB端子を「GV-USB2」で接続しました。映像はS端子から。付属のビデオ録画ソフトをパソコン側で起動し、ビデオデッキにビデオテープを入れて再生!
 何が出るかお楽しみ状態・・・でしたが、音声は出ているもののなぜか映像が表示されません。
 ドライバーは問題なくインストールされているはずなのでちょっと思案。ビデオ録画ソフトの設定も変更してみましたが改善されず。やむなくコンポジット端子で接続すると、ばっちり映像が表示されました!
 S端子の出力不良だったのでしょうか。

170212-04.jpg

170212-05.jpg

170212-06.jpg

 映像が表示されたので、ビデオ録画ソフトの録画ボタンをクリックすると正常に録画(ファイルに保存)されました。170212-07.jpg
 かれこれ25年近く前のVHSテープを再生してみましたが、それほど劣化していないことに驚きました。
 面白いのは当時のテレビコマーシャルです。砂浜で撮影された、ブルース・ウィルスさんの「スバル・レガシー・ツーリングワゴン(ブライトン)」のコマーシャルが録画されていたりして、懐かしさに感動していました(^^)。
 当時は私もレガシー・ツーリングワゴンで砂浜を走りたいなんて考えていたものです(^^)。

 すべてデジタル化してパソコンに残すことはできないので、必要なものだけをパソコンに取り込んで保存しておこうと思っていますが、パソコンに保存後もVHSテープとデッキを処分できない自分がいます。
 意味ないね(^^;)。

posted by GECKO at 19:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

Eスポが発生していました。

 昨日は一時的にコンディションが向上し、10MHz帯の近距離が入感しました。
 本日は昨日のそれにあたる時間帯は外出していて、午後には帰宅したものの、本日の無線運用はなしかな?なんて思っていました。
 ところが15:30頃にイオノグラムをチェックすると、なんとEスポが長く伸びていて、まるで春のEスポシーズンのような状況でした。そこでまずは29MHz帯のFMをチェックすると、なんと!メーター振り切れで7エリアの局が聴こえました。
 フェージングが強く、時々ノイズが被っていましたが。

 そこで、ちょっと興味があったのので、いわゆるフリーライセンスラジオであるCB無線の各チャンネルをチェックしてみました。すると8チャンネル(27.144MHz)で岩手の局がCQを出していて、それにたくさんの局がコールしているところが聴こえてきました。多くの局がコールしているようでしたが、残念ながらコールする局は僅かに聴こえる程度でした。

 その後、18MHz帯をチェックすると、こちらもオープンしていて7エリアや8エリアの局のCQが強く入感し、それに多くの局が次々にコールしているころが聴こえました。チェックすると1エリアの局のCQもここ2エリアで強力に入感していました。
 呼び回りして、3局と無事に交信できました。

 この季節にEスポが出ていたのはあまり経験がなかったので、なかなかラッキーな状況だったと思います。本年初のEスポ交信を楽しめた運用となりました。

posted by GECKO at 19:46| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

久しぶりにコンディションが良かった10MHz帯

 暖かい一日となりました。
 このところのコンディションの低下で、無線運用のアクティビティーも低下したままとなっていましたが、本日は一時的にFBなコンディションとなりました。

 10:30頃。イオノグラムをチェックすると、最近ではあまり見られない状況となっていました。F層がくっきり出ていて臨界周波数も12MHz程度になっているでないですか!
 ちょっと驚きました・・・Hi.
 リグのスイッチを入れて10MHz帯をチェックすると、案の定、空きがないほどの盛況ぶり・・・日本全国津々浦々の電波が強力に入感しとても賑やかな状況となっていました。このコンディションを各局見逃さないようですね(^^;)。170204-01.jpg
 早速運用を始め、10局を超える局と交信できました。ここ2エリアへは1エリアからも強力に入感していて、10MHz帯でここまで交信できたのは久しぶりです。
 しかし、11:30頃までにはコンディションは低下し、10MHz帯の近距離は何も聴こえなくなりました。僅かに1時間程度でしたが、久しぶりの10MHz帯の良いコンディションで運用することができました。
 昨年のいま頃は、連日がこういった良いコンディションで、しかも長時間継続していたと思います。それに比べて本年のコンディションの悪さは著しいですね。

 徐々にコンディション向上に向かっているのか、それとも突発的なものなのか、今後のコンディションの状況に注目です。

posted by GECKO at 22:06| Comment(0) | 10MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

14MHz帯CWでモスクワと・・・ 14,017.0kHz CW

 晴れて気温の高い一日でした。
 コンディションは相変らずいまいちな状況で、本日はCWをチェックしましたが、10MHz帯はノイズのみで国内局もDX局もまったく入感していませんでした。7MHz帯は国内局が入感するもののどこも弱い感じでした。
 あくまでも私の設備での状況ですが。

 ハイバンドも相変らず・・・。21MHz帯などはCWの周波数を下から上までチェックしましたが何も入感しない状況・・・。18MHz帯は微かに入感するも交信できる状況ではありませんでした。

 やっとのことで14MHz帯で2〜3局の海外局が入感していました。
 その中で唯一強かったのがロシアの記念局でした。コンディションが良い状況ならば14MHz帯でロシアはよく聴こえてきますしEUも聴こえてくるのですが、ここまでコンディションが悪いとロシアでも聴こえてくるとちょっと嬉しい感じです・・・Hi.
 フルパワーでコールすると一発でコールバックがあり交信できました。モスクワの記念局のようでした。

 とりあえずモスクワと交信できたので良しとします。

<本日のDX>
14MHz CW European Russia

posted by GECKO at 22:44| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする